掲載期間:2016年11月14日〜2016年12月13日

ロサンゼルスオートショー2016

LAオートショー開幕。予測不能な時代に各国メーカーはどう動く?

ここから本文です

マツダ CX-5

5年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたCX-5の新型がワールドプレミア。日本でも大ヒットとなったCX-5がロサンゼルスでお披露目されたのは、販売台数の約4割が北米であるためだ。

日本では2017年2月に発売される予定のニューCX-5は、ホイールベースこそ従来モデルと同じだが、ほぼ全てが新設計となっている。「鼓動」デザインの新たなステージへの進化を目指したというエクステリアは、ダイナミックで躍動感がありながら、凜とした日本的な佇まいを感じさせる。深みと艶を兼ね備えた新ボディカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」も、プレミアムなイメージを際立たせている。

「人間中心の開発哲学」に基づいて開発された新型は、ドライバーだけでなく、全ての乗員が走る喜びを感じられる事を目指した。車両運動制御技術「スカイアクティブ・ビークル・ダイナミクス」の第1弾「G-ベクタリング・コントロール」を採用したほか、徹底的なNVH性能やエアロダイナミクスの向上が図られ、走りと快適性を高次元で両立させた。

パワーユニットは、ガソリンが2.0リッターと2.5リッターの2種類で、ディーゼルは2.2リッターが用意される。北米市場にも2017年後半から2.2リッター・ディーゼルが導入される予定だ。