このページの先頭です このページの本文へ

ジュネーブモーターショー 2018

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ジュネーブモーターショー 2018 > ニュース > ニュルFF最速奪還へ!メガーヌの頂点「R.S.トロフィーR」がさらに進化する

ここから本文です
ニューモデル
2019.10.12

ニュルFF最速奪還へ!メガーヌの頂点「R.S.トロフィーR」がさらに進化する

ルノーの最強ホットハッチ『メガーヌR.S.トロフィーR』の改良新型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

これまで『メガーヌ』、及び高性能『メガーヌR.S』のフェイスリフト車両を捕らえてきたが、それらに続くスクープショットだ。

捉えたプロトタイプは、フロントエンドとテールライトの一部にテープが貼られただけの軽カモフラージュで、現在確認できるのはヘッドライトユニットの変更、テールライトのグラフィック、新デザインのホイールだ。しかし、今後エアインテークやバンパーの再設計が行われる可能性もあるだろう。

ルノーは5月にメガーヌR.S.トロフィーRの新型を発表したばかりだが、そのパワートレインは、直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをハイチューンし、最高出力300hp、最大トルク400Nmを発揮。メガーヌR.S.トロフィーより130kgの軽量化が図られている。

パフォーマンスでは、ライバルのホンダ『シビックタイプR』がニュルブルクリンク北コースで2017年に記録した7分43秒80に迫る、7分45秒389のレコードを持っている。この改良新型では、さらなる軽量化、エアロダイナミクスやシャシー性能、またパワートレインの向上も予想され、今度こそ「FF最速」の座を狙いにくるはずだ。

ワールドプレミアは、最速で2020年3月のジュネーブモーターショーだが、遅れる可能性も予想される。

(レスポンス Spyder7編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ