このページの先頭です このページの本文へ

ジュネーブモーターショー 2018

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ジュネーブモーターショー 2018 > ニュース > ホンダ・アーバンEV初撮影 5ドアで、2019年から量産化へ

ここから本文です
ニューモデル
2018.11.23

ホンダ・アーバンEV初撮影 5ドアで、2019年から量産化へ

レトロ・スタイルの新型EV

ホンダ・アーバンEVが、ついに公道でテストを始めた。量産は、2019年に開始される見込みだ。

丸いヘッドライトやボディサイズを見ると、アーバンEVコンセプトと共通点が多い。

たしかに厚いカモフラージュが施されているが、注目点は3ドアだったコンセプトから5ドアに変更されたこと。

また、フロントエンドは丸みを帯びたデザインになっている。これは歩行者保護規制への対応である可能性が高い。

乗車定員は5人か

量産化仕様は、2019年3月開催のジュネーブ・モーターショーで世界初公開され、その後受注受付けが開始される流れになるだろう。

ホンダがあまりスタイリングを変えていないのは、コンセプトがたいへん評判が良かったことの証しだ。しかし車内空間は、4人乗りから5人乗り用に変更される見込みで、操作系もより一般的なインターフェースに変わるだろう。

車両価格の予想をするにはまだ材料が少なすぎるが、コンパクトカーでありながら手ごろとはいえない値段になると考えられる。つまり、ホンダはプレミアム・モデルという位置づけにすると思われる。

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ