このページの先頭です このページの本文へ

ジュネーブモーターショー 2018

ここから本文です

ボルボ V60

新型V60は、エクステリア、インテリアともにフラッグシップの「V90」などに通じる最新のデザイン言語を採用する。

特にインパネ周辺のシンプルで温かみのある造形は、ドイツやイギリスのライバル達とは明確に異なるもので、ハンス・ウェグナーのチェアなどに代表される北欧デザインを好む向きにはたまらなく魅力的に映るだろう。もちろん長年ワゴンを作り続けてきたボルボだけに、荷室の使い勝手や実用性も徹底的に追求されている。

また、新型のプラットフォームはメーカーが各モデルで共通化を進める「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」に一新され、拡大された居住空間、「Apple CarPlay」などのコネクティビティ、さらには先進のドライバーサポートシステムを備えたモデルへと、先代から長足の進歩を遂げている。

パワーユニットは「T5」と「T6」に直4ガソリンが、「D3」と「D4」に直4ディーゼルがそれぞれ採用されるほか、遅れてガソリンエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド(PHEV)モデルも2種類導入される見込みだ。特に、PHEVは340馬力と390馬力という高出力を誇るから、エコと同時にモアパワーを求める顧客はその登場まで暫く待つのもいいだろう。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ