このページの先頭です このページの本文へ

ジュネーブモーターショー 2018

ここから本文です

BMW M3 CS

M3 CSは、Mモデルの開発チームによりエンジン性能が高められ、最高出力460hpを発生。M3コンペティションパッケージ装着車よりもさらに10hpの性能アップを果たしている。メーカーの発表によると、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は280km/hに達するという。トランスミッションは7速M DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされる。

サスペンションは大部分をコンペティションパッケージと共有しており、サスペンションリンクやホイールキャリアに鍛造アルミを採用するなどして軽量化されている。標準装備となるアダプティブMサスペンションにもチューンが施され、ストリートとサーキットの両方におけるパフォーマンスアップが図られている。

ホイールはフロントが9J×19インチ、リアは10J×20インチを採用し、これにフロント265/35R19、リアには285/30R20サイズのミシュラン・パイロットスポーツCup 2タイヤ(セミスリックタイヤ)を組み合わせる。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ