このページの先頭です このページの本文へ

ジュネーブモーターショー2016

ここから本文です

[動画] グッドイヤー Eagle-360

今年のジュネーブモーターショーでは、自動車メーカーは華やかな高級車やスポーツモデルを披露する傍ら、自動運転技術の披露も行った。こうしたなかタイヤメーカーのグッドイヤーは、将来の自動運転時代に向けた次世代タイヤ「Eagle-360」をお披露目した。“球面タイヤ”という新時代の技術を取り入れた新タイヤの魅力を動画ととも紹介しよう。

Eagle-360は、球型のタイヤであり、カタチそのものが従来のものとは違う。従来のタイヤが車軸でホイールを支え、回転するのに対し、球面タイヤは磁気の力により、タイヤとタイヤハウスの間に空間を確保し、回転力を生み出すのだ。この“磁気浮上”と呼ばれる技術により、高い操作性と安全性、さらには自動運転との親和性を実現しているという。

映像では、球面タイヤのメリットが紹介されている。たとえばタイヤと地面の接地面が広く確保できるのもそのひとつ。さらに左右のタイヤの回転具合を変えることで、なめらかなコーナリングが実現するという。

特に従来タイヤと大きく異なるのは、操舵時に車体は直線方向を向いたまま、タイヤの回転の変化だけで進行方向を変えられること。これにより車体はグッと安定する。さらに自動パーキングの際に、よりきめ細かな制御が可能になったり、小回りが効いたりと利便性にも優れる模様だ。

あまりに革新的で想像の限界を超えるほどだが、球面タイヤがクルマの常識を覆す可能性を秘めているのは確かなようだ。

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ