このページの先頭です このページの本文へ

ジュネーブモーターショー2016

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ジュネーブモーターショー2016 > ニュース > モーガン EV3の開発を中止 パワートレイン供給が問題

ここから本文です
ニューモデル
2018.10.16

モーガン EV3の開発を中止 パワートレイン供給が問題

パワートレインの調達失敗

モーガンは3ホイーラーの電動仕様、「EV3」の計画を中止すると発表した。ただし同社は今後も「電動車の将来に貢献する」としている。

EV3は2016年のジュネーブ・モーターショーで発表された。これはモーガン3ホイーラーの発表と同じ1909年に創業したセルフリッジのデパートとの歴史的なつながりを示すものであった。当初は今年第3四半期に19台のみを生産し、セルフリッジから発売する計画だったのだ。

CEOのスティーブ・モリスは、EV3の開発中止の理由について「サプライヤーが契約通りのEVパワートレインを供給できないため」と話している。

前述のサプライヤーである、フレイザー・ナッシュ・エナジー・システムズのノーマン・シディッキーCEOは「契約上の都合」により計画が失敗に終わったという。

ただし、同社が開発したプロトタイプは「上出来だった」としている。




EVは「われわれ自身で」 モーガンCEO

モーガンのモリスCEOは、EV3の計画が完全に消えたわけではなく、再考の必要があると主張している。

しかし、同社は今回の経験について「われわれはフレイザー・ナッシュがEV3の鍵となるパワートレインを供給できると考えていました。しかし今回、われわれ自身でEVのノウハウを蓄積すべきであると学びました。今後は自社のEVチームにスペシャリストを招き入れるつもちです」と語った。

EV3やそのほかのモーガン製EVについて、今後の発表を準備中とのことだ。

(AUTOCAR JAPAN 編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ