掲載期間:2016年2月26日〜2016年3月25日

ジュネーブモーターショー2016

ジュネーブMS開幕。ワールドプレミアを現地からレポート!

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > ジュネーブモーターショー2016 > ニュース一覧 > 【初公開】伝説のドライバーの名が与えられた「マクラーレン・セナ」デビュー!

ここから本文です
ニューモデル 2017.12.10

【初公開】伝説のドライバーの名が与えられた「マクラーレン・セナ」デビュー!

マクラーレンから新たなるアルティメットシリーズ「セナ」がデビューした。無論、その名の由来は、あの伝説のドライバー、アイルトン・セナ。最高出力800psを誇るだけでなく、最新の空力システムが与えられた意欲作である。

マクラーレンから新たなる“アルティメットシリーズ”がデビューした。その名も「SENNA(セナ)」。言うまでもなく、伝説のF1パイロット、アイルトン・セナにちなんだネーミングが与えられている。2010年からはじまったマクラーレン・オートモーティブにとって、この名を使うとは、相当な自信作であることは間違いないだろう。

そもそも“アルティメットシリーズ”は、従来モデルとは違い“究極”を意味する、言わばスペシャル中のスペシャルモデルだ。それだけにこのセナは、現在、出来うる最高峰の技法を使って造られた、2018年もっとも話題になるスーパースポーツカーになると見てよい。

基本となるのは、もはやお家芸にもなったカーボンモノコックの“モノセルIII”シャシー。これに加え、軽量化を徹底するために、ボディパネルにもカーボンを採用している。

ミッドシップマウントされるエンジンは、ドライサンプ式の4ℓV型8気筒ツインターボユニット。フラットプレーンのクランクシャフトやモータースポーツで培った最新鋭のコンポーネンツを駆使したことによって、最高出力は、800ps、最大トルクは800Nmを誇る。また、徹底した軽量化を施した結果、車両重量は1198kgを実現。もちろん、これまで通り、駆動方式はRWD、トランスミッションも7速DCTを組み合わせる。

しかし、この「セナ」でもっとも注目すべきは、徹底したエアロダイナミクスによる効果である。フロントとリヤには、画期的なシステムをもつ可変式を再使用し、スロットル開度によってそれをアクティブに制御するという。直進時からコーナリング、そしてブーレキングまで、その時の状況に応じて最適な空力効果を発揮できるようセットアップされている。

具体的な制御に関しては、まだ不明点は多いが、これと似たような(というか同様だと思われる)システムをもつランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテに展開された効果から察すると、その効果は絶大。しかもほぼドライバーに気づかれることなく、ごく自然に車両を安定させ、優れたダウンフォースを生成することは明らかだから、マクラーレン・セナの走りが相当、高いレベルにあることは確実だろう。

今回の新型車のデビューに伴い、セナの家族はこうコメントしている。
「私たち家族にとって、セナの名が使われたことは何よりも嬉しく、誇りに思っています。アイルトンの精神とマクラーレンのパフォーマンスが融合した最初のプロジェクトですから、尚さらです」と。

この「マクラーレン・セナ」が初披露されるのは、2018年3月に開催されるジュネーブ・モーターショー。販売価格は、UK価格で£750,000。500台の限定生産となっている。

《詳細は、GENROQ 2018年2月号(2017年12月25日発売)にてレポートする予定》

(MotorFan GENROQ編集部 野口 優)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • j_p*****|2017/12/10 19:35

    違反報告

    カッコええなあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! )

    しかしコーナーでクラッシュして死なないか心配だなあ
  • kei*****|2017/12/10 23:27

    違反報告

    セナはマクラーレンのドライバーではなくて
    ホンダのドライバーだと思う。
    なので、セナはという名前の車はマクラーレンではなくてホンダから出てほしい。
  • zfo*****|2017/12/10 18:09

    違反報告

    リアウイングに鳩が留まって糞だらけになるよね。即ち路駐不可。

Facebookcarview!の最新情報をチェック!

日本最大級のクルマ総合情報サイト

みんカラ