掲載期間:2017年9月6日〜2017年10月6日

フランクフルトモーターショー2017

EVや自動運転をめぐるクルマ界の覇権争いが激化中!

ここから本文です

フェラーリ ポルトフィーノ

従来のカリフォルニアTの後継モデルとなるポルトフィーノは、リトラクタブル・ハードトップを備えた2+2クーペ・カブリオレ。全長4586mm、全幅1938mm、全高1318mmのボディは、スポーティさとエレガンスに加えて高いハイテク感も感じさせる。フロントに搭載される3.9リッターV8ターボは、最高出力600PS/7500rpm、最大トルク760Nm/3000~5250rpmで、カリフォルニアTから40PSのパワーアップを果たしている。組み合わされるトランスミッションは7速デュアルクラッチ式ATで、駆動方式は後輪駆動となる。

選択したギアによって伝達トルクを調整するバリアブル・ブースト・マネジメントの採用により、0~100km/h加速は3.5秒、最高速度は320km/hという優れたパフォーマンスを実現。第3世代の電子制御リア・ディファレンシャルであるE-Diff3により、限界領域でのコントロール性を向上したほか、E-Diff3と電動パワーステアリンの統合制御により、ステアリングのギアレシオを7%低め、優れた高速安定性とステアリング・レスポンスを実現した。