このページの先頭です このページの本文へ

フランクフルトモーターショー2017

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > フランクフルトモーターショー2017 > ニュース > BMW M3 新型のキドニーグリルは「下」まで伸びる!? 開発車両からデザイン予想

ここから本文です
ニューモデル
2019.5.15

BMW M3 新型のキドニーグリルは「下」まで伸びる!? 開発車両からデザイン予想

BMW『3シリーズ』新型に設定される最強モデル『M3セダン』市販型プロトタイプを、カメラが捉えた。キャリアカーで輸送中の車両は、これまでで最もカモフラージュが軽い状態といっていいだろう。

市販型のヘッドライト、バンパー、サイドスカート、張り出したフェンダーなどが初めて露出している。注目はフロントエンド、メッシュカバーの下に透けて見えるキドニーグリルだ。ワイド化されており、コーナーエアインテークにいたるまで複数の横スラットが確認できる。さらにバンパー下部まで大型されているようにも見え、まるでアウディのシングルフレームグリルか、レクサスのスピンドルグリルのようだ。

現段階では、キドニーグリルとバンパーエアインテークがつながるかは不明だが、大型グリルを『M4』新型と共有する可能性は高い。

また、フロアパネルの裏も初めて撮影に成功。クワッドエキゾーストパイプ、左右対称のエキゾーストシステムが見てとれる。またフロントとリアのディファレンシャルにフィンが付いている状態からも、4WDシステム「xDrive」搭載モデルと思われる。

アップデートされたパワートレイン情報も入手した。社内コード「ピュア」「ベース」「コンペティション」と呼ばれる3つのグレードが設定される可能性があることは既にお伝えしているが、このうち「ピュア」は最も軽量化されたモデルとなり、最高出力454psを発揮する親開発3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載、6速MTと組み合わされる。

「ベース」グレードは最高出力480psを発揮し、最強の「コンペティション」は最高出力510psを叩き出す。また「ベース」と「コンペティション」には、8速ATと組み合わされる「M xDrive」四輪駆動が搭載されるだろう。

ワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショーと予想されている。

(レスポンス Spyder7編集部)

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ