このページの先頭です このページの本文へ

オートモビルカウンシル2017

現在位置: carview! > モーターショー特集一覧 > オートモビルカウンシル2017 > ニュース > ランボルギーニ「ミウラ」生みの親が作った最新スーパーカー「ダラーラ・ストラダーレ」が日本上陸

ここから本文です
ニューモデル
2019.4.08

ランボルギーニ「ミウラ」生みの親が作った最新スーパーカー「ダラーラ・ストラダーレ」が日本上陸

 2019年4月5日から7日にかけて、千葉・幕張メッセで貴重なヴィンテージカーを集めたイベント「オートモビルカウンシル2019」が開催。出展したアトランティックカーズのブースにて、最新スーパーカー「ダラーラ・ストラダーレ」が公開されました。

 ダラーラ・アウトモビリは、絶大な人気を誇るスーパーカー「ランボルギーニ・ミウラ」の開発者として知られているジャンパオロ・ダラーラさんが立ち上げたメーカーで、「ダラーラ・ストラダーレ」は自社初となるロードカーとして開発されたスーパーカーです。

 最大400馬力の2.3リッター直4ツインターボエンジンを搭載していながら、乾燥重量はわずか855キロ。最高速度は280キロ、静止状態から3.25秒で時速100キロに達するという高い加速力を誇る超軽量マシンです。

 またドアの無いフルカーボン製ボディが特徴となっており、コクピットにはジャンプして乗り込まなくてはいけませんが、これが剛性や空力面で大きなメリットになっていて、ダラーラ・ストラダーレの最大ダウンウォースは820キロにも達するそうです。

 ダラーラ・ストラダーレは全世界600台限定で生産され、価格は15万5000ユーロ(約2000万円)。日本市場ではこれから本格的な展開が始まる予定で、2019年4月にローンチレセプションが開催されます。

(ねとらぼ交通課 )

PAGE TOP

本文はここまでです このページの先頭へ