ここから本文です

2018年ミニバン販売台数No.1は日産セレナ。
選ばれる理由は優れたトータルバランスにあった

フォトギャラリー

長距離ドライブで疲労を大幅に軽減してくれるプロパイロット

家族で使うミニバンにあっては、安全性能が重要なのは言うまでもない。その点、日産セレナは事故を未然に防ぐ「予防安全性能」の試験において、満点で最高ランクの評価を得ている。試験とは国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が行うJNCAP(自動車アセスメント)で、日産セレナに全車標準装備されるインテリジェント エマージェンシーブレーキなどが平成28年度の最高評価「ASV++(ダブルプラス)」を獲得したのだ。

インテリジェント エマージェンシーブレーキとは、フロントカメラが前方の車両や歩行者を確認、衝突の危険があると判断するとドライバーに注意を促し、それでも危険が高まると緊急ブレーキが作動して衝突回避・被害軽減をサポートする仕組みだ。現在、さまざまな車両にこのメカニズムが備わるが、日産セレナはシステムが正確に働くことが試験で証明され、その効果が評価されたのだ。

さらにもう一歩踏み込むと、日産セレナにはミニバンクラスで世界初となるプロパイロットをオプションで用意している。高速道路同一車線内走行時にステアリング、アクセル、ブレーキを制御し、運転操作を支援する技術であるプロパイロットがどれくらいドライバーを助けてくれるのか、実際に使用するシーンを想定してみたい。

プロパイロットは、高速道路を走る時に使うシステムだ。操作のインターフェイスは素晴らしく、ハンドルを握る右手の親指を2度動かすだけでセッティングは完了する。まず親指で青色のプロパイロットスイッチを押す。ここでプロパイロットの作動準備が完了する。続いて親指で速度をスイッチで設定すると、プロパイロットはスタートする。

プロパイロットは、先行車両との距離を適切に保ちながら、車線の中央を走るように働く。まず、前を走る車両をモニターし、アクセルとブレーキをコントロールしながら、先行車両に追従する事をサポートする。ここで感心するのは、アクセルとブレーキのコントロールが自然で滑らかなことだ。実に丁寧に加速と減速を行うのだ。また、白線を把握して、車線の中央を走るようにハンドルをコントロールする事をサポートする。初めてこの仕組みを使う方は、カーブでも的確にハンドル操作をアシストしてくれることに驚くはずだ。

プロパイロットのありがたみを特に強く感じるのは、単調な巡航を続ける時と渋滞している時だ。どちらの場合でも、疲労やストレスを大幅に減らしてくれる。ミニバンは帰省や旅行などの長距離ドライブで活躍する車種で、その途中で渋滞に遭遇する可能性も大きい。そう考えると、先進的な予防安全技術、運転支援技術を採用する日産セレナが支持されるのは、ある意味で当然であるとも言える。

日産セレナ
本文はここまでです このページの先頭へ