ここから本文です

2018年ミニバン販売台数No.1は日産セレナ。
選ばれる理由は優れたトータルバランスにあった

フォトギャラリー

さまざまな魅力があるe-POWERも1位獲得に貢献

日産セレナがユーザーから選ばれた理由のひとつに、3種類のパワートレーンを用意していることがあげられる。最もお求め安い価格の2リッターのガソリンエンジン、モーターアシストによる走行性能と燃費向上を実現したスマートシンプルハイブリッド、そして100%モータードライブのe-POWERの3つのパワートレーンから、自身の使い方にふさわしいものを選ぶことができるのだ。ここでは、2018年にセレナのラインナップに加わったe-POWERにふれたい。

まずはe-POWERのメカニズムを簡単に説明すると、ガソリンエンジンで発電を行い、そこで生まれた電気でモーターを駆動する新しいタイプの電気自動車ということになる。繰り返しになるが、1.2リッターエンジンは発電に専念、駆動力はすべてモーターでまかなう。電気自動車というと、エコカーだと考える方が多いだろう。それはもちろん間違いではなく、日産セレナe-POWERは、26.2km/L(JC08モード燃費)というクラストップレベルの燃費性能を誇る。

しかも、e-POWERの魅力はそれだけではない。電流が流れた瞬間に最大の力を発生するモーターの特性を活かし、アクセル操作に瞬時に反応するレスポンスの良さもe-POWERの特徴なのだ。

e-POWERには、従来のエンジン車から乗り換えても違和感のない「Normalモード」と、新しい運転感覚が味わえる「e-POWER Drive」の2つの走行モードが設定されている。「e-POWER Drive」の特徴はアクセルを緩めた時の減速力が強いこと。操作に慣れると、ブレーキを踏まずにアクセルだけでスピードをコントロールできるようになる。アクセルとブレーキを踏み替えるわずらわしさが減り、運転を楽だと感じるようになる。同時に、新しい運転の作法をマスターすることが楽しく感じるようにもなる。

静かなこともe-POWERの特徴だ。駆動用バッテリーの残量が充分にある時は、エンジンは停止しているから静かだ。駆動用バッテリーの残量が減るとエンジンは始動するが、充電するために効率よく稼働するのでエンジン音は気にならない。

このようにe-POWERには、優れた燃費性能、新しいファン・トゥ・ドライブの提供、運転のしやすさ、上質さを感じる静粛性と、さまざまな魅力がある。日産セレナがミニバン販売台数1位の座に就いたことに、e-POWERが貢献しているのは間違いない。またこの技術はモーター駆動ならではのレスポンスの良い走りを、シンプルな機構や現実的なコストで市販化したことなどが評価され、RJCテクノロジーオブザイヤーを獲得しているのだ。

さまざまな魅力があるe-POWERも1位獲得に貢献 さまざまな魅力があるe-POWERも1位獲得に貢献 さまざまな魅力があるe-POWERも1位獲得に貢献
日産セレナ
本文はここまでです このページの先頭へ