ここから本文です

2018年ミニバン販売台数No.1は日産セレナ。
選ばれる理由は優れたトータルバランスにあった

フォトギャラリー

クラストップの余裕ある室内空間には数値的な根拠がある

2018年のミニバン販売台数1位に輝いたのは、日産セレナだった。大激戦区であるこのカテゴリーで、セレナがナンバーワンの座に輝いた理由を探るのがこの企画のテーマである。ディティールに踏み込む前に、セレナというモデルの大まかな特徴を知っておきたい。概要だけでも、セレナがミニバンNo.1の座に輝いた理由が見えてくるはずだ。

日産セレナでまず目をひくのは、「余裕ある空間」という、ミニバンに求められる基本的な要件を満たしていることだ。たとえば室内長3240mm、室内幅1545mmという数値は、いずれもミニバンクラスでトップ。セレナの2列目シートに座っても3列目シートに座ってもゆとりが感じられるのには、はっきりとした根拠があるのだ。荷室の高さと長さもミニバンクラスにおける最高レベルで、人や荷物をたくさん積んで出かけるミニバンらしい使い方にふさわしい1台だと言えるだろう。

さまざまなモデルやパワートレーンを用意し、多様化するライフスタイルに対応していることも人気の秘訣だ。たとえばスポーティなドライビングを好む方には、レース活動で培ったノウハウを注ぎ込んだ日産セレナNISMOを用意している。その一方で、100%モーターで走る新しいタイプの電気自動車、セレナe-POWERもラインナップ。ユーザーは、自分がクルマに何を求めるのかを考えて、セレナに用意される豊富な選択肢の中から選ぶことができるのだ。

では、日産セレナがナンバーワンに輝いた理由を、個別具体的にチェックしていこう。

クラストップの余裕ある室内空間には数値的な根拠がある クラストップの余裕ある室内空間には数値的な根拠がある クラストップの余裕ある室内空間には数値的な根拠がある
日産セレナ
本文はここまでです このページの先頭へ