ここから本文です
突然現れた圧雪路も危なげなくクリア。4WDはさらに頼もしい PREV NEXT

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ2モデルで長距離ドライブ。
圧雪路やウエット路などで試した

フォトギャラリー

突然現れた圧雪路も危なげなくクリア。
4WDはさらに頼もしい

中央自動車道を岡谷ICで降りて、美ヶ原を目指していくと、次第に険しいワインディングロードになっていく。そこではカローラスポーツの走りの良さが際立っていた。しなやかでありながら適度にクイックなハンドリングでコーナーの連続を嬉々として駆け抜けていく。ここでも「ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド」のキュッとしまった感覚、路面を確実に捉える実力の高さに嬉しくなる。ウインターレジャーに出かけながら、道中ではサマータイヤ並の走りを楽しめるのが贅沢だ。

事前の調査の通り、ほとんどはドライ路面でこれならサマータイヤで来ても問題なかったなと思っていたのだが、標高があがってくると日陰にはまだ雪が残っていた。気持ち良くワインディングを走っていてブラインドコーナーを抜けたら急に雪が現れたのでびっくりはしたが、ペースを抑えて慎重に雪路面に足を踏み入れると、「ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド」は危なげなく圧雪路を走っていった。気温が高く、雪が溶けているところも入り交じって滑りやすくなっていたため、アクセルを乱暴に踏みつけるとFFのカローラスポーツはホイールスピンをしそうにはなるが、車両安定装置との組み合わせで危ない領域には入らない。

場所によっては水が増えていき、圧雪路からシャーベット路、そしてウエットに近い路面になっていったが、Vシェイプドトレッドは排水性が高くて、タイヤが路面に着実に接地していることを実感。ウエット路面では並のサマータイヤ以上に頼もしいぐらいで、改めて万能性の高さを感じる。

「アシュアランス ウェザーレディ」を履いたエクストレイルは4WDのため、さらに頼もしく、きつい登り勾配でもグイグイと登っていった。それに気をよくして、あえて雪の多い場所へ足を踏み入れてみると、圧雪路ではスタッドレスタイヤとほとんどかわらぬ頼もしいグリップ感があった。雪がトレッドパターンに目詰まりすることもなく、しっかりと雪を掴んで排雪している感覚がある。

突然現れた圧雪路も危なげなくクリア。4WDはさらに頼もしい 突然現れた圧雪路も危なげなくクリア。4WDはさらに頼もしい 突然現れた圧雪路も危なげなくクリア。4WDはさらに頼もしい
本文はここまでです このページの先頭へ