新型タントがみせた次世代軽の実力。
快適な走りと運転支援に妥協なし

利便性と運転支援の進化に加え、クルマの基本性能も大幅に向上

ダイハツ タントがモデルチェンジを受けたと聞いて、「今度は何をやらかしてくれるのか」と楽しみだった。というのも、タントは新型に切り替わるたびに驚きをもたらしてくれたからだ。

2003年に登場した初代は圧倒的な室内空間で、軽自動車にスーパーハイトという新しいジャンルを作った。続く2代目は軽自動車初のピラーインドア「ミラクルオープンドア」を採用、たとえば子供を抱えたままでもラクに乗り込めるようになるなど、広さにさらなる使い勝手のよさが加わった。そして3代目では左右両側にパワースライドドアを備えたことで、さらにユーザーに寄り添うクルマへと進化を果たした。

では4代目となる新型タントは、どんな新しい使い方で驚かせてくれるのか。まずひとつは、ミラクルオープンドアの恩恵をさらに享受できるようなシートアレンジや、両手がふさがっていても近づくだけでスライドドアが開く「ウェルカムオープン機能」などを採用した「ミラクルウォークスルーパッケージ」の実現。後席から乗り込んでお子さんを座らせ、そのまま前席に移動できる新しい動線を作り出したのだ。

次に、好評だった予防安全機能「スマートアシスト」が「次世代スマートアシスト」へと進化した。具体的には、すべての車速で先行車両に追従するアダプティブクルーズコントロールや、軽自動車初となる駐車支援システム「スマートパノラマパーキングアシスト」などで運転を支援する。そして、ボディの基本骨格であるプラットフォームをゼロから新開発することで、「走る」「曲がる」「止まる」というクルマの基本性能も大幅に向上した。

デザイン性や使い勝手のよさについては、第1回でまるも亜希子さんが詳細に解説してくださったので、ここでは主に走行フィールや次世代スマートアシストの使い勝手などを中心にお伝えしたい。今回の試乗車は、シンプルでありながらやさしい雰囲気のタントと、フロントグリルの造形がアグレッシブなタント カスタム。前者が自然吸気(NA)エンジン、後者がターボエンジンを搭載している。では早速エンジンを始動して、試乗を開始しよう。

タントならではの大開口スライドドアや底床のステップなどで優れた乗降性を実現。
最大540mmのこれまでにない運転席ロングスライドシートによって運転席から後席へのスムーズな車内移動や、運転席に座った状態での後席へのアクセスなど、まったく新しい動線を実現した。助手席も380mmのロングスライドが可能。
タント カスタムRS アナザースタイルパッケージ(プレミアム)装着車

安全運転につながる視界のよさ、強靭なボディで乗り心地もしなやか

タントにしろタント カスタムにしろ、運転席に座って真っ先に感じるのは、視界がよく、運転に集中できるということだ。これにははっきりとした理由がある。まず、前席ドアとフロントウィンドウの間の柱(Aピラーと呼ばれる)をなるべく細くすることで、視界を確保している。また、メーターパネルを車の中心に配置することで、視線を動かすことなく速度などの情報が得られる設計になっている。

安全運転の基本は視界の確保であり、ここに真剣に取り組んでいるあたり、使う人の立場に立って開発されたことが伝わってくる。視界の確保でひとつ付け加えると、新型タント カスタムには軽自動車初となる「アダプティブドライブビーム」の設定がある。これはハイビームで走行している時に対向車を検知すると、対向車に当たる部分だけを遮光するという装置。使ってみると、夜間の視界確保に大きな効果を発揮した。

市街地を走り出して真っ先に感じるのは、乗り心地がしなやかであることだ。路面の凸凹を乗り越えた時にサスペンションが伸びたり縮んだりすることで、路面からのショックを緩和してくれる。さらにじっくりと観察すると、ボディがしっかりしていることが乗り心地の良さにつながっていることがわかる。荒れた路面を突破しても、カーブを曲がっていても、ボディがねじれることがないので、タイヤとサスペンションが常に理想的な角度で地面と接することができるのだ。

このボディのしっかり感は、ゼロから開発した新しい基本骨格(プラットフォーム)の賜物だろう。従来型に比べて、実に約30%もボディは強靱になっているのだ。同時に、ボディ骨格全体で約40kgもの軽量化を果たしたという。軽量化は低燃費につながるのはもちろん、次に述べる動力性能の向上にも大きく貢献する。外からは見えにくいけれど、新開発のプラットフォームが大きな役割を果たしているのだ。

全車速追従機能付ACCは高速道路の渋滞時などの疲労を大きく軽減

市街地では、NAエンジン、ターボエンジンともに動力性能は十分以上だ。低回転域からしっかりとしたトルクを発生し、ストップ&ゴーが連続する場面でももたつくようなことはない。新型タントに搭載するにあたって、NAエンジン、ターボエンジンともに大幅な改良が施された。具体的には点火方式や燃料噴射の方法を見直すことで効率が大幅にアップしている。特にNAエンジンが軽自動車として初めて排ガス5という厳しい環境基準をクリアしたことは、特筆に値する。

滑らかに加速し、いかにもエンジンの力を効率的に使っていると感じさせるのは、エンジンの回転をタイヤに伝達するCVT(無段変速機)の改良の成果でもある。従来型のCVTはベルト駆動だったが、新型タントのCVTはギアを加えることで、より効率の高いベルト+ギア駆動となっているのだ。低回転域ではより力強い加速となり、高速走行時にはエンジン回転を下げることで燃費と静粛性の向上に寄与している。

したがってタントは、高速道路でも室内は静かさを保ち、パワーにも余裕を持って走ることができる。NAエンジンかターボエンジンかで選択に迷う場合は、高速道路を走る機会が多い方や、登り坂の多い山道をより快適に走りたい方は、ターボを検討してもいいだろう。

市街地で感じた乗り心地のよさは高速道路に入っても変わらないばかりか、そこに安定感が加わった。背の高いボディでありながらカーブで大きく傾くことや、横風に進路を乱されることがない。高速走行でも新しいプラットフォームの威力を実感した。

優れた高速性能を確認したところで、ACC(アダプティブクルーズコントロール)とLKC(レーンキープコントロール)を試してみる。タントのACCの美点は、第一にインターフェイスに優れていることだ。ハンドルのスポーク部分に備わるスイッチで操作するが、ほぼワンアクションで作動するから、使いやすい。そして全車速対応だから0km/h、つまり停止まで面倒を見てくれるのも高速道路の渋滞ではありがたい。

実際に使ってみると、アクセルとブレーキのペダル操作から解放され、おまけにLKCが車線の中央を走るようにハンドル操作をアシストしてくれるから、疲労は大きく軽減される。一度このシステムを体験すると、遠くへ出かける機会が増えることは間違いない。

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)の操作スイッチ。走行中に先行車の様子を検知しながら、設定した車速の範囲内で先行車との車間距離をキープする。
スマートクルーズ専用ディスプレイ。レーンキープコントロールは、約60km/h以上で走行中、全車速追従機能付ACC作動時にクルマが車線の中央付近を安定して走行するようハンドル操作をアシストする。

駐車を安心して任せられるスマートパノラマパーキングアシスト

高速道路での次世代スマートアシストの効果を体験した後は、安全な場所に移動して、「スマートパノラマパーキングアシスト」を試す。

並列駐車でも縦列駐車でも基本的な操作は同じで、カメラが白線を認識すると、「この駐車スペースに駐車しますか?」と尋ねられる。イエスの意志を示すと、「ブレーキを踏んでください」「シフトをRレンジに切り替えてください」といった指示を受ける。後は指示に従ってアクセルとブレーキ、シフトを操作するだけ。すぐに自分でハンドルを握れる体勢でいる必要はあるけれど、ハンドル操作は基本的に自動でやってくれる。

試してみると、単に「駐車スペースに入れてくれる」というレベルではなく、「安心して任せることができる」という段階に達していたのが印象的だった。こうした新しいスマートアシストの機能は、ステレオカメラを用いながらダイハツ独自のロジックでシステムを構築して実現したものだ。

以上のように新型タントのインプレッションを記して気付いたのは、「軽自動車初」という表現が頻発することだ。これは通常であれば宣伝文句ということになるだろうけれど、タントの場合は違う。ACCにしろ駐車支援システムにしろ、ユーザーのベネフィットを真摯な姿勢で追求した結果、軽自動車として初めてという勲章が後から付いてきたのだ。

もうひとつ印象的だったのが、ダイハツはクルマづくりの根元の部分から取り組んでいるということだ。安全性の向上だったら視界の確保から、走行性能の向上だったら基本骨格の見直しから、といった具合だ。うわべだけでなく、基本のキから取り組む姿勢——。これが、新型タントが使う人の身になった誠実なクルマだと感じさせる、最大の理由だろう。

スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)は、駐車時にカメラで駐車枠の白線を検知し、音声とモニターガイドに加えてハンドル操作をアシスト。ドライバーはアクセルとブレーキによる速度調整と周囲の安全確認に専念でき、音声と画面の案内に従うだけで簡単に駐車可能。縦列駐車にも対応。
タント X
タント X

スペック

【 タント X(2WD) 】※上の写真左
全長×全幅×全高=3395×1475×1755mm
ホイールベース=2460mm
車両重量=900kg
駆動方式=FF
エンジン=658cc 水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力=38kW(52ps)/6900rpm
最大トルク=60Nm(6.1kg-m)/3600rpm
トランスミッション=CVT
JC08モード燃費=27.2km/L
WLTCモード燃費=21.2km/L
使用燃料=レギュラーガソリン
サスペンション=前:マクファーソンストラット式、後:トーションビーム式
タイヤサイズ=前後:155/65R14 75S
車両本体価格=146万3400円(消費税8%)

ボディカラー=アイスグリーン
メーカーオプション=コンフォータブルパック、スマートパノラマパーキングパック
ディーラーオプション=9インチナビ、カーペットマット、ドライブレコーダー

【 タント カスタムRS(2WD) 】※上の写真右
全長×全幅×全高=3395×1475×1755mm
ホイールベース=2460mm
車両重量=920kg
駆動方式=FF
エンジン=658cc 水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置
最高出力=47kW(64ps)/6400rpm
最大トルク=100Nm(10.2kg-m)/3600rpm
トランスミッション=CVT
JC08モード燃費=24.8km/L(スマークルーズパック装着車)
WLTCモード燃費=20.0km/L
使用燃料=レギュラーガソリン
サスペンション=前:マクファーソンストラット式、後:トーションビーム式
タイヤサイズ=前後:165/55R15 75V
メーカー希望小売価格=174万9600円(消費税8%)

ボディカラー=パールブラック(メーカーオプション)
メーカーオプション=コンフォータブルパック、スマートパノラマパーキングパック、スマートクルーズパック、スタイルパック
ディーラーオプション=9インチナビ、カーペットマット、アナザースタイルパッケージ(プレミアム)

・オプションおよび取付費はメーカー希望小売価格には含まれません。
・グレードにより、装備や設定内容が異なる場合がございます。詳しくはダイハツホームページ、お近くの販売会社までご確認ください。

レポート:サトー タケシ / 写真:菊池 貴之

フォトギャラリー

タントならではの大開口スライドドアや底床のステップなどで優れた乗降性を実現。 最大540mmのこれまでにない運転席ロングスライドシートによって運転席から後席へのスムーズな車内移動や、運転席に座った状態での後席へのアクセスなど、まったく新しい動線を実現した。助手席も380mmのロングスライドが可能。 タント カスタムRS アナザースタイルパッケージ(プレミアム)装着車 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)の操作スイッチ。走行中に先行車の様子を検知しながら、設定した車速の範囲内で先行車との車間距離をキープする。 スマートクルーズ専用ディスプレイ。レーンキープコントロールは、約60km/h以上で走行中、全車速追従機能付ACC作動時にクルマが車線の中央付近を安定して走行するようハンドル操作をアシストする。 スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)は、駐車時にカメラで駐車枠の白線を検知し、音声とモニターガイドに加えてハンドル操作をアシスト。ドライバーはアクセルとブレーキによる速度調整と周囲の安全確認に専念でき、音声と画面の案内に従うだけで簡単に駐車可能。縦列駐車にも対応。 タント X タント X リヤシート左右分割リクライニングによってゆったりくつろげるスペースが出現。長い荷物を載せる際にも便利。 インパネアッパーボックス(運転席)/USBソケット(1口) 大型インパネトレイ(助手席) 格納式シートバックテーブル(運転席/助手席) カスタムRS アナザースタイルパッケージ(プレミアム)