現在位置:carview! > 個人記事 > キャデラックのニューモデル「CT6」が挑む最強のライバルとは?

ここから本文です

キャデラックのニューモデル「CT6」が挑む最強のライバルとは?

山本 晋也

山本 晋也自動車コミュニケータ

新世代キャデラックの象徴であり、新ライン「CT」シリーズの頂点
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新世代キャデラックの象徴であり、新ライン「CT」シリーズの頂点

ゼネラルモーターズ・ジャパンにより、キャデラック「CT6」の日本導入が発表されています。販売開始は2016年9月頃となっていますが、メディア向けに実車も披露され、シートに座ったり、肌で感じることができました。

室内で触れたので公道でのイメージは湧きづらい面もありますが、ボディサイズは全長5190mm、全幅1885mm、全高1495mm。ホイールベースは3110mm。キャデラックらしいエッジの鋭さを感じさせるスタイリングから感じる以上に大柄で、そのライバルはメルセデスSクラスやBMW 7シリーズといったドイツ車。日本国内ではレクサスLSも競争相手として想定しているフラッグシップのニューフェイスなのであります。キャデラックのラインナップでいえばXTSや、その前モデルであるDTSの後継といえるのでしょうが、DTSやXTSがFWDだったのに対して、日本向けのCT6はエンジン縦置きFRベースのAWD(全輪駆動)となっているのが、従来から見た最大の違い。まさにSクラスや7シリーズと同じ土俵でガチンコの勝負を仕掛けようということでしょうか。

とはいえ、キャデラックのチーフ・マーケティング・オフィサーとして日本でプレゼンテーションを行なったウヴァ・エリングハウス氏は「キャデラックのプレミアムサルーンは、日本においては事実上ニッチ向け」であるといいます。定番となっているドイツ系のプレミアムサルーンと違う個性を求める、とくにヤング&リッチなカスタマーへの訴求をすることで、新しくキャデラックをブランディングしていくというのが、CT6から始まる新世代CTシリーズの狙いといえそうですが、この車格で消費税込み998万円というギリギリ1000万円を切る価格設定は、単に「他人と違う“いいモノ”が欲しい」というマインドの市場だけでなく、「費用対効果の高いプレミアム商品を求める」層の心も掴みそうな予感なのです。日本向けはAWDの設定ということによる安心感や3.6リッター自然吸気V6エンジンと8速ATから、ほどほどの実用燃費が想像されるのも、そうしたマインドには刺さりそうな印象。

もっとも、このクラスにおけるコストパフォーマンスでいえば、肝心なのはリセールバリューという見方もできますから、そのあたりのフォローも含めて、どのようなマーケティングを展開するのか興味津々な、キャデラックのニューラインナップなのです。

この記事は個人の見解であり、carview!の見解ではありません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本 晋也

山本 晋也自動車コミュニケータ

自動車専門誌の編集長を経て、フリーランスのライターに転身。2005年からはじめた個人ブログ「クルマのミライ」は、ほぼ毎日更新。海外紙では自動車ブロガーと紹介された。ヒストリーとテクノロジーの両面から古今東西の自動車社会に興味津々。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します