現在位置:carview! > 編集記事 > ライバル車比較 > スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較

スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較
  • スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較
  • スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較
  • スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較
  • スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較
  • スズキ アルトワークス vs ダイハツ キャストスポーツ どっちが買い!?徹底比較
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

昔を知るクルマ好きを中心に受けているのが、2015年12月に発売された「スズキ アルトワークス」だ。軽自動車だから全長は3,395mmで全幅は1,475mm。当時のコンパクトカーに近いサイズとなる。

動力性能も同様で、直列3気筒658ccエンジンは、ターボを装着して独自のチューニングを施すことにより、最高出力は64馬力(6,000rpm)、最大トルクは10.2kg-m(3,000rpm)だ。後者の数値は当時のコンパクトカーのノーマルエンジンを上まわるほど高い。車名については現行型で復活したことになるが、当時と今とでは軽自動車の品ぞろえが大幅に違う。

初代アルトワークスの時には「スズキ ワゴンR」が登場しておらず(初代ワゴンRの発売は1993年)、スズキにとってアルトが軽自動車の主力商品だった。だからアルトワークスの登場も当然の流れだったが、今はワゴンRやハスラーが売れ筋で、それぞれのターボモデルも相応の人気を得ている。にもかかわらずアルトワークスを投入した背景には、走りの楽しいスポーツハッチの不足と高いニーズがあるのだろう。

2015年3月にアルトターボRSが5速AGS(オートギヤシフト)を備えて発売され、「ワークスは出ないのか」という声が高まり、5速MTを選べるアルトワークスの登場となった。

アルトワークスのライバル車は「ダイハツ キャストスポーツ」だ。キャストは1車種でSUV風のアクティバ、都会的なスタイル、ターボエンジンのみを搭載するスポーツの3種類をそろえる。キャストスポーツは外観だけでなく足まわりとタイヤも専用になるので、この2車種を比べてみたい。・・・(続きは、以下のリンクをクリックして下さい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

スズキ アルト

スズキ アルト
ボディタイプ
ハッチバック
排気量
658cc
新車価格帯
69.7万〜161.8万円

ダイハツ キャスト

ダイハツ キャスト
ボディタイプ
ハッチバック
排気量
658cc
新車価格帯
122.0万〜174.4万円

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します