現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > 車体後部にはドローンも...ハイテク特盛りのコンセプトカー(公式プロモーションビデオ)

ここから本文です

車体後部にはドローンも...ハイテク特盛りのコンセプトカー(公式プロモーションビデオ)

スイスのシンクタンクで、ジュネーブモーターショーの“常連”でもあるリンスピード(RINSPEED)は、今回のショーで自動運転車「Σtos」コンセプトを出展すると明らかにした。Σtosは、BMW i8をベースとしながらリンスピード独自の哲学のもと、他社とコラボレーションも組み、自動運転車の可能性を追求したモデルとなっている。

Σtosのコクピットは、自動運転時と手動運転時の“理想的な車内空間”に注目し、レイアウトが決められている。たとえば自動車関連用品サプライヤーZF TRWの格納式タイプを採用したステアリングホイールは、自動運転時にはダッシュボード内にすっぽりと隠れるようになっている。これにより乗員は本を手で持って読んだりすることができる。

また運転席と助手席にはそれぞれ21.5インチの大型モニターが備わり、移動中に映像コンテンツを楽しむことも可能だ。

またユニークな機能としては、車体の後部にドローンの離発着ステーションを備える。このドローンの使い道としては、クルマで別の用事に向かわないといけない時に、花屋で花束をピックアップさせる、などの使い方が提案されている。

アクセス回数 7,668回 公開日時 2016.02.16 タグ: carview! コンセプトカー カービュー! 公式プロモーションビデオ ドローン ジュネーブモーターショー リンスピード チャンネル: carview!公式チャンネル

その他の動画

もっと見る