現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > クルマが自動で緊急危険回避。ルノーが新技術を開発(公式プロモーションビデオ)

ここから本文です

クルマが自動で緊急危険回避。ルノーが新技術を開発(公式プロモーションビデオ)

仏ルノーは、自動運転中に目前に迫った障害物を自動回避する技術(オートノマス・オブスタクル・アボイダンス)を開発したと発表した。

各自動車メーカーがしのぎを削り、次々と新技術が登場している自動運転。そんななかルノーは自動運転中の緊急危険回避に目を向け、同技術の発表にこぎつけた。

このたび公開されたのは、いわゆる緊急危険回避技術。目前に危険が迫った際に、急ハンドルで隣車線に回避し、危険を通過したあとに再び、元に車線に戻る一連の動作を自動化したものだ。

この技術のキモは、危険が迫った時の判断の早さと、車線変更時の安全確保、および急ハンドルを切った際に車体の安定を保ち続ける制御の正確さだろう。緊急危険回避は高度な技術で、プロフェッショナルレベルの運転技術が求められるとされる。それを自動運転で実現するとなると高度な制御が必要なのは間違いない。

同技術の開発は、シリコンバレーを拠点とするルノー・オープン・イノベーション・ラボが中心となり、スタンフォード大学のダイナミック・デザイン・ラボと共同で行われた。

アクセス回数 37,761回 公開日時 2017.11.09 タグ: ルノー carview! カービュー! 公式プロモーションビデオ 自動運転 チャンネル: carview!公式チャンネル

その他の動画

もっと見る