現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > 自由自在に扱える軽量な車体 KTM DUKE 125 に乗ってみた

ここから本文です

自由自在に扱える軽量な車体 KTM DUKE 125 に乗ってみた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月某日、JAIA主催による3回目の輸入二輪車試乗会が開催された。会場にはゴージャスなアメリカンから3輪バイクまで、14ブランドの約100台が集結。個性豊かなラインナップの中から、編集部がピックアップしたモデルをご紹介。

KTM DUKE 125:

KTM DUKEシリーズのなかで、最も手に入れやすいエントリーモデル。自由自在に扱える軽量な車体に跨った瞬間、思わず笑顔に。125ccエンジンはDOHCヘッドを持つ高回転型で、排気量を超えた伸びのあるフィーリングを見せてくれる。本格的な装備も含めて、積極的に振り回せるDUKEイズムの真髄をもつマシン。

■エンジン
様々な排気量のシングルエンジンを生み出してきたKTMが、そのノウハウを余すことなく注ぎ込んだ、軽量コンパクトなエンジン。軽く、優れたレスポンスを持つ125ccパワーユニット。一気に回るピークでは、11kW(15HP)を発揮する。

■ABS
シリーズ最小モデルの125 DUKEにも、BOSCH製のABSを採用。エントリーモデルとしての小排気量モデルこそ、安全性向上の機能を優先して装備すべきという考えから、KTMでは2013年よりABSを標準装備。

■多機能LCDディスプレイ
燃料消費量、エンジン回転数、航続可能距離、スピードなどを表示する多機能LCDディスプレイを採用したスピードメーター。

【KTM DUKE 125】
全長=2029mm
ホイールベース=1367mm
シート高=800mm
最低地上高=170mm
タイヤサイズ=前:110/70R17、後:150/60R17
車両重量=135kg
エンジン=124.7cc 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
最大トルク=11.8Nm/8000rpm
トランスミッション=6速
車両本体価格=51万円

アクセス回数 9,390回 公開日時 2017.5.23 タグ: バイク carview! カービュー! チャンネル:carview!

その他の動画

もっと見る