現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > 世界が認めるプレミアムカー プジョー308/308SW動画でインプレッション

ここから本文です

世界が認めるプレミアムカー プジョー308/308SW動画でインプレッション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「路面からの突き上げをこれほどまでに上手に吸収するクルマに乗ったことがない」。とある著名なモータージャーナリストが、モロッコでのプジョー307の試乗後に語った言葉だ。世上喧伝されている“プジョーの猫足”を十分体験した上でのことなので、その意味するところの重みを強く感じた記憶がある。

それから十数年の歳月が流れて登場した308は、PSAグループが新開発した新世代モジュラー型プラットフォームを採用し、307に比べより重心の低いものなっていた。して、その効果はということだが、プジョーのしなやかな足回りがより際立っていた。この走り味を一度覚えてしますと、他のクルマの走りが粗忽なものと思えてしまう。プジョーの魔法にかかってしまったのだろうか。

新型308のラインアップは、5ドアハッチバックとSW(ワゴン)の2タイプ5モデル(ハッチバック:プレミアム、アリュール、シエロ/SW:プレミアム、シエロ)となる。パワートレーンは、ともに1.2リッターターボ&6速ATを採用。先進技術の導入もアピールポイントで、「i-cockpit(アイ・コックピット)」と呼ばれる新装備がドライバーズシートに導入された。ヘッドアップインストルメントパネルを始め、視認性と操作性を一体化したタッチスクリーンなどだ。これによりドライバーは、オーディオやエアコンなどの各操作を安全かつスピーディに行うことができるという寸法だ。

走りも装備もグッとプレミアム度が増した新型プジョー308。実用性の高さは言わずもがなだが、クルマとの楽しみを教えてくれる代表的なクルマではないだろうか。2014年の「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」獲得もムベなるかなのだ。
【モーターマガジンMovie】

アクセス回数 5,621回 公開日時 2015.1.29 タグ: 試乗 クルマ インプレッション 竹岡圭 モーターマガジン社 ラインアップ モータージャーナリスト プレミアム i-cockpit シエロ アリュール ヘッドアップインストルメント ドライバーズシート 307 308 ハッチバック SW ワゴン チャンネル:モーターマガジンMovie 新車試乗レポート

その他の動画

もっと見る