現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > EVを意識させないEV フォルクスワーゲンe-up!動画でインプレッション

ここから本文です

EVを意識させないEV フォルクスワーゲンe-up!動画でインプレッション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一見ガソリン車のup!と見まがってしまう、VW初のEV(電気自動車)e-up!。よーく見ると、C型リフレクターが特徴的な専用デザインの前後バンパーとなっているのだが、その差はあきらかに小さい。内装も同様だ。

なんでだろう?

それはこのクルマが、“e-drive for everyone.”(電気自動車を特別のものにしない) というコンセプトのもとに作られたからだ。つまりは、EV専用モデルとして開発されていないんだ。

この力みのないVWのスタンスに、好感を持つ人は多いのではないだろうか。

気になる走行ポテンシャルだが、1回の満充電(約8時間の200V充電で満タン)で走れる距離は185km(カタログ値)。シティコミュータとしては、満足のいく水準といえそうだ。

そして、e-up!が国内唯一の5ナンバー4人シーターEVであることにも注目したい。この経済的アドバンテージはなかなかのものだ。日本のEVマーケットは、戦国時代を迎えつつあるようだ。

アクセス回数 2,254回 公開日時 2014.12.24 タグ: 試乗 電気自動車 インプレッション 竹岡圭 モーターマガジン社 満充電 e-drive for everyone C型リフレクター シティコミュータ アドバンテージ 走行ポテンシャル 戦国時代 EVマーケット e-up! 200V チャンネル:モーターマガジンMovie 新車試乗レポート

その他の動画

もっと見る