現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > 旗艦ブランドとしての心意気やよし SUBARU レガシィ アウトバック/B4

ここから本文です

旗艦ブランドとしての心意気やよし SUBARU レガシィ アウトバック/B4

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SUBARUのフラッグシップブランドであるレガシィに、フルモデルチェンジが行われた。しかも、SUVアウトバックとセダンB4の2本立てでの登場となった。レガシィと言えばステーションワゴン、というほどこのブランドの代表格であったが、そのボディは消えてしまった。レヴォーグにバトンを譲ったということなのだろう。ただし、アウトバックには“ステーションワゴンの機能も併せ持つ”、というキャラクターが付加されている。

さてその2車種だが、ともに2.5L水平対向エンジンに6速マニュアルモード・パドルシフト付リニアトロニック(CVT)を組み合わせ、スバルが誇るシンメトリカル4WDで駆動する(アウトバックには悪路走破性を向上させるX-MODEを装備)。安全面では、カラー認識を実現し衝突回避機能等を大幅に向上させたアイサイトver.3が標準装備となっている。その頼りがいのある走行性能は、アウトバックを中心に動画でとくとご覧下さい。

内外デザインのグレードアップも新型レガシィの大きな注目点だ。エクステリアは、バンパー一体ヘキサゴン(六角形)グリルにホークアイ(鷹の眼)ヘッドランプを組み合させた、SUBARUファミリーフェースに連なるグラマラスなボディ形状が、その存在感を強烈にアピールしている。

もちろん、2台それぞれの個性への配慮もある。アウトバックには、フロントフォグランプやリッチな雰囲気を醸し出すルーフレールを装備し、B4にはスポーツかつスタイリッシュなキャラクターラインが施されている。

インテリアは両車ほぼ共通で、立体感のある筒形2眼メーターやソフトパッド化されたダッシュボード、クッション厚を増したアームレストなどが、上質な室内空間を演出している。インテリアカラーは、スポーティーなブラックと上品さが漂うアイボリーの2種類が選べる。

走り、そして内外装の充実度が大幅に向上した新型レガシィ。SUBARU開発陣のこのブランドに賭ける“強い思い”が体現したクルマといっていいのではないだろうか。

アクセス回数 5,471回 公開日時 2014.12.5 タグ: 試乗 レヴォーグ キャラクター 竹岡圭 SUBARU インテリア モーターマガジン社 レガシィ アウトバック ステーションワゴン セダンB4 SUVアウトバック 悪路走破性 アイサイトver.3 ダッシュボード チャンネル:モーターマガジンMovie 新車試乗レポート

その他の動画

もっと見る