現在位置: carview! > 編集記事 > 動画 > 世界初の5人乗り燃料電池車 HONDAクラリティ・フューエルセル 動画でインプレッション

ここから本文です

世界初の5人乗り燃料電池車 HONDAクラリティ・フューエルセル 動画でインプレッション

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの燃料電池車(FCV)への取り組みは早く、1980年代後半より始まる。
FCX-V1(1999年・実験車両)、FCX-V3 (2001年・公道実験車両)、FCX (2001年・リース販売)を経て登場したのが、20008年登場のセダン型燃料電池車FCXクラリティ(2008年・リース販売)。今回紹介するクラリティ・フューエルセル(リース販売)は、その進化バージョンで、より実用車に近づいたものとなっている。

燃料電池車は、水素と酸素の化学反応で生じた電力でモーターを駆動するシステムで、その燃料となる水素貯蔵タンクがクルマのかなりのスペースを占有する。ために、実用車に求められる居住スペースや荷室スペース確保に開発者は苦慮させられる。

そこで大きな意味を持ったのが、ホンダが創業以来こだわり続けてきた「M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想」。
“普及するためには、ボンネットにすべてを収めなければ。”を合言葉に、開発陣の脳細胞が全開で稼働し、世界初となる5人乗り燃料電池車の誕生となった。

V6 3.5リッターエンジンとほぼ同サイズのコンパクトなパワーユニットを始めとした、開発陣の発想の豊かさを動画でじっくりとご覧ください。

【モーターマガジンMovie】

アクセス回数 700回 公開日時 2016.5.19 タグ: 試乗 世界初 インプレッション ホンダ 竹岡圭 モーターマガジン社 実用車 FCX-V1 FCX-V3 5人乗り燃料電池車 リース販売 HONDAクラリティ・フューエルセル セダン型燃料電池車FCX チャンネル:モーターマガジンMovie 新車試乗レポート

その他の動画

もっと見る