現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認

ここから本文です
試乗記 2019.11.14 レポート:五味 康隆 / 写真:菊池 貴之

マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認
  • マツダCX-30のオススメは高速道路で美点多いディーゼル。後席や硬めの乗り心地は要確認

乗り心地は硬めだがGVCの魅力は絶大

新世代に入ったマツダのスカイアクティブ技術。セダン/ハッチバックの「マツダ3」に続く第2弾はSUVの「CX-30」だ。

CX-30の全高は立体駐車場が使える1540mmに抑えられているが、最低地上高は175mmあるためフロア位置が高く、カーブでのロールを嫌って足回りが強化されているから、マツダ3より乗り味は硬めでコツコツする。

とはいえ、不思議なほどクルマが揺れず、運転しやすく、高級車的な乗り味まで得られるGベクタリングコントロール(GVC)の魅力は絶大だ。ライバルはこの乗り味に追いつけていなので、激戦のコンパクトSUV市場を生き抜くアドバンテージになっている。

おそらくCX-30のモデル選択で悩むのは、従来のガソリンエンジンとディーゼルエンジンか、それとも遅れて導入されるスカイアクティブXエンジンのどれがお買い得か? であり、自分の使い方に向いているかということだろう。その辺りも意識しながら、掘り下げていこう。

試乗ステージ:横浜周辺

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します