現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった

ここから本文です
試乗記 2019.7.1 レポート:伊藤 梓 / 写真:編集部

新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった
  • 新型RAV4に感じた自由さはこれまでのトヨタ車にはないものだった

トヨタ RAV4 Adventure(アドベンチャー)

近年のトヨタ顔と違う、若者に刺さりそうなデザイン

くたくたになるまで遊んで帰り道でいつの間にかクルマの後席で眠っていた子どもの頃。友人たちとみんなで海へでかけて、砂だらけのままクルマに乗り込んで、車内でわいわい話しながら帰った日。当時はなんでもなかったような時間が、今思うと大切だったのかもしれないとぼんやり思い返す。そんな風にクルマにあたたかく包まれていた空間。トヨタの「RAV4」に乗っていると、不思議とそういう思い出が浮かんでくる。

今回試乗したのは、「Adventure(アドベンチャー)」というグレード。よりアウトドアへ出かけたくなるような力強いデザインが特徴だ。トヨタの新型ハイラックスが発表された時、その姿を見た瞬間「うわぁ、かっこいい! 欲しい!」と思ったが、それと通じるものがあるような気がした。

買うかどうかは別にして「このクルマなら何でもできちゃうんじゃないか」と想像を掻き立てられて、素直に憧れて欲しいと思えるクルマ。ほかのグレードはいわゆる近年の”トヨタ顔”なので、アドベンチャーは特にアクティブな若い世代には刺さりそうなデザインだと感じた。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します