現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった

ここから本文です
試乗記 2019.6.14 レポート:五味 康隆 / 写真:ランボルギーニ・ジャパン

ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった
  • ランボルギーニ ウルスはナンちゃってSUVどころか全部入りスーパーカーの傑作だった

ランボルギーニ初のターボ搭載モデルでもある

最初に白状しておくと、「SUV人気にあやかったクルマだろ…」とか「背の高いランボルギーニなんて…」という具合に、斜に構えて見ていたフシがあったのも事実。そして今更ながら栃木のテストコース(GKN)と一般道で試乗して、その実力を印象付けられることになった。

「ランボルギーニ ウルス」は昨年から市場導入が始まった。ランボ初のSUVであることに加えて、初のターボエンジンを積んだことでも注目を集める。4.0L V8ツインターボは最高出力650ps/最大トルク850Nmというカタログ栄えする数値を発揮。8速ATとトルセン式の4輪駆動システムを使うことで、停止状態からわずか3.6秒で100km/hに到達する。最高速度は305km/hだ。

ランボルギーニなら当然のスペックと思うかもしれないが、クルマを前にすると驚きがある。全長5112×全幅2016×全高1638mmのボディサイズは想像を越える迫力と巨体で、重量もヘビー級の2.2トン。これでカタログで謳う性能が出せるのか疑いたくなるのだ。

しかし、オーバルコースでアクセルをひと踏みすれば、そのスペックに嘘偽りないことは肌身で感じられる。特に走行モードをコルサ(サーキット向け)にしてアクセルを踏み切った加速力は2.2トンとは思えないほど力強い。

流石に「ウラカン」のような2ドアのランボルギーニ勢と比べると、車体のダイレクトな動きや排気音はマイルドだが、例えばスポーティな雰囲気を漂わせる「マセラティ レヴァンテ」あたりと比べても、ウルスのそれはレーシーと表現したいほど激しいものだ。

コルサモードで急激にアクセルをオフにした際のバラバラという排気音などは、外で聞いていたら花火でもしているのかと思えるほど。さらに変速のたびに体に伝わる激しいショックや、高い着座位置ゆえに加速感が強調されることなども相まって、他のランボルギーニにはない暴力的な刺激が加わっている。

“軽量ボディ×自然吸気”で痛快な加速力を得る2ドア系ランボルギーニと、“重量ボディ×ターボ”の強烈な出力&トルクによる暴力的な加速力を得る4ドア系ランボルギーニでは、その非日常感が異なるということだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します