現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった

ここから本文です
試乗記[PR] 2019.5.16 レポート:小沢 コージ / 写真:小林 俊樹

スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった

sponsored by FCAジャパン
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった
  • スポーツディーゼルを搭載したジュリアには、やっぱりハズさない「絶対快楽」があった

もはや信頼を超えて信仰にすら近い確信

イタリアのクルマでもいい、料理でもいい、絶対にハズさないポイントがある。それは「やっぱり気持ちいい」あるいは「美味しい」という事実だ。特にアルファ ロメオはそう。どんな技術的、デザイン的なチャレンジをしたモデルでも大事な部分はまずもってハズさない。

日本でもお馴染みの50~60年代のスポーツクーペ&セダン、ジュリエッタやその後のジュリアはもちろん、小沢がかつて編集部で乗っていた90年代の75ツインスパークもそう。それはもはや信頼を超えて信仰にすら近い確信である。それくらいハズさないものなのだ。

それは世界最高峰の自動車エンターテイメント、F1グランプリであのフェラーリより先に勝ち、再び2018年から復帰しているアルファ ロメオのDNAとしか呼びようのないものかもしれない。

そして今回もそうだった。乗ったのは伝統の名を受け継いだ2代目ジュリアに追加された「2.2 ターボ ディーゼル スーパー」。新世代のコモンレール式ディーゼルエンジンを初搭載したスポーツセダンで、一見低燃費なエコディーゼルモデル? さすがのアルファ ロメオも鈍重になっちゃうでしょ? と思わせといて予想はやっぱり見事に裏切られちゃうのだ、いい意味で。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します