現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ

ここから本文です
試乗記 2019.5.10 レポート:竹町 昭男 / 写真:住友ゴム工業

ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ
  • ダンロップのエナセーブRV505はスポーティな特性を持つ新型ミニバン専用タイヤ

エナセーブRV505

高速域や多人数乗車時の操縦安定性を重視したタイヤ

ダンロップのテストコースで新旧比較を実施する。クルマはアルファード、タイヤサイズは235/50R18、4名乗車プラス40kgの荷物を積んだ状態だ。RV505で走り出すと、固めながらすっきりとした乗り心地が味わえる。ロードノイズやパターンノイズも小さい印象。高速直進から操舵初期の応答で、タイヤのしっかり感が伝わってくる。

新型は縦方向のブロックエッジに1mmの「プラスリブ」を付けた。横方向の荷重がかかってブロックが変形したときに接地してグリップを引き上げる新技術だ。プラスリブの効果もあって、多人数乗車時のレーンチェンジやコーナリング時のシュアなハンドリングが実感できる。

旧型のRV504は、高速直進はまずまずだが、切り始めの応答が鈍く挙動が遅れがち。手応えがゴム質で挙動の遅れを予測して操舵する必要がある。RV504のデビュー時、インチアップサイズの剛性が適度だったことを思い出した。純正サイズで積車状態を考えると、RV505のメリットは大きい。

一般道はトヨタ ノア、スズキ スペーシア、VWトゥーラン、ルノー カングーでRV505を試乗した。すべて純正サイズで標準空気圧の設定。マッチングが良かったのは輸入車の2台だ。固めでダンピングが良くフラットな特性が足回りにマッチしている。特筆すべきは静粛性。RV505のコンパウンドはマクロの剛性を上げながらミクロには柔らかい特性を追求したという。つまり路面の当たりや表面のザラザラはソフトに受け止め、ロードノイズやパターンノイズを抑制しつつ、コーナリング時のブロック変形を小さくしている。この効果によって、静かさと快適なハンドリングが両立できている。

一方、国産2車とのマッチングは大きな路面凹凸で上下方向の固さを感じる。しっかりしたスポーティな感触と言い換えることもできる。ソフトな乗り心地を期待する場合はほかの選択肢がありそうだ。RV505は、高速域や多人数乗車時の操縦安定性を重視したタイヤといえるだろう。

パターン剛性の向上やコンパウンドの改良で耐偏摩耗性は53%向上した。ラベリング制度の転がり抵抗は全サイズがAAであり低燃費性も優秀。発売は6月1日。スポーティな特性を好み、多人数乗車でロングドライブを楽しむユーザーに推奨したい。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します