現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー

ボルボ V60 クロスカントリー T5 AWD Pro

ルックスは優雅でエレガンスだが走りは意外にもスポーティ

運転席に座ると、多少アイポイントは高いものの、眼前に広がるインテリアはV60と共通であることがわかる。センターコンソールにはテスラを思わせる縦長のタッチパネル式の大型液晶画面がドンと構え、ナビも空調もオーディオもこの画面で操作する。結果、スイッチ類の断捨離が進み、すっきりとして居心地のいい、北欧テイストが強まっている。

走り出すと、このクルマがドライバーズカーであると確信する。パッと見は優雅でエレガントな雰囲気が漂うけれど、走りは意外にもスポーティなのだ。まず、2.0L直4ターボがシュンと軽やかにまわる。低回転域から充分なトルクを発生するので高回転域まで無理に回す必要はないけれど、加速が欲しい場面でアクセルペダルを踏み込むとレスポンスよく反応してくれる。回せば回しただけパワーが出るし、控え目ながらいい感じの音も響くから、回し甲斐のあるエンジンだ。

エンジンの好印象を影で支えているのがアイシンAW製の8ATで、段差を感じさせないシームレスで素早い変速は、クルマ全体の動的な質感向上に大きく貢献している。ドライブモードで「ダイナミック」を選ぶと、ステアリングホイールの手応えがグッと骨っぽくなるのと同時に、8ATはより上まで引っ張る設定となり、スロットル操作に対するエンジンのレスポンスもシャープになる。ダイナミックモードだと、クロスカントリーという牧歌的なネーミングより、スポーツワゴンという呼び方がふさわしくなる。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mis*****|2019/04/17 16:35

    違反報告

    V60も派生含め高くなったもんだなぁ。
    300万円台で乗り出せる車としては最高に良い選択だとは思ったけど、500万軽く超えてくるなら別になぁという気になってくる。
  • yxa*****|2019/04/17 15:29

    違反報告

    V60はFFだし車高が低く乗り降りしにくいので、楽しみに待っていたのですが
    ・デブ(車幅)に戻った、1850㎜のセールスポイント台無し
    ・燃費は12.0位で先代やV90より悪い、車重はXC60並なのにディーゼル無い
    カッコイイし安全性能最高なのに残念です。
    最近のボルボは相次ぐ値上げやパワートレーンなど顧客ニーズを掴んでいない。
    XCシリーズの人気に胡坐をかいていると、アウディの二の舞いになるよ、木村社長!
  • zvv*****|2019/04/17 19:00

    違反報告

    言うまでもなく、元祖スバル(レガシィ)アウトバックのパクリ車。

    まあ、ボルボがチャイナ系となった今となっては、パクリに恥も外聞もないのもこれまた当然か。。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します