現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ

ここから本文です
試乗記 2019.4.22 レポート:伊達軍曹 / 写真:編集部

実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ
  • 実用性高い「ワゴンR」はまるでワークマンのアウトドアウェアのようだ

スズキ ワゴンR ハイブリッド FZ セーフティパッケージ装着車

「普通」「ちょいゴージャス」「ちょいワイルド」の3パターン

「新時代の国民車」を探す実地調査企画の第18回目。今回の調査対象はニッポン軽自動車界のど真ん中、スズキ ワゴンRである。
>>国民車とは?

結論から申し上げると現在販売中の6代目ワゴンRは、巷で話題の「ワークマン製アウトドアウェア」のような実用車であった。つまり「高機能×低価格×まあまあおしゃれ」ということだ。以下、順を追ってご説明しよう。

スズキ ワゴンRは(今さら言うまでもないと思うが)ハイトワゴンタイプの軽自動車で、現行6代目のデビューは2017年2月。

スズキが誇る軽量高剛性な新型プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用することで、先代以上のボディ剛性を確保しながら約20kgの軽量化に成功。ガソリンエンジンの排気量は当然660cc(正確には658cc)だが、最廉価グレード以外の全車にマイルドハイブリッドシステムが採用されている。

これはリチウムイオン電池と小さなモーターによってエンジンを補助するという仕掛けで、以前のワゴンRでは「S-エネチャージ」と呼ばれていたもの。しかし6代目ではモーター出力が約1.4倍になり、電池の容量も3倍以上に強化されたことで、S-エネチャージから「マイルドハイブリッド」という名称に昇格(?)したのだ。

「デュアルセンサーブレーキサポート」など計6種類の先進安全機能が(最廉価グレード以外には)用意され、主にフロントマスクを中心とするデザインは「普通」と「ちょいゴージャス」「ちょいワイルド」の3パターンを用意。

最廉価グレードのFAと、中間グレードであるハイブリッドFXには普通顔が適用され、上級グレードのハイブリッドFZにはトヨタ ヴェルファイアを思わせる2段重ねのゴージャス顔を適用。そして標準車とは別のラインである「ワゴンRスティングレー」には、キャデラック エスカレード風のワイルド顔が採用されている。

今回の試乗車両は標準車の上級グレードであるハイブリッドFZ、つまり「2段重ねのゴージャス顔」を持つグレードだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します