現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?

ここから本文です
試乗記 2019.4.3 レポート:河口 まなぶ / 写真:DSオートモビル

フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?
  • フランス発の小型高級SUV、DS3 クロスバックの超個性的スタイルは日本で成功するか?

新プラットフォームが好感触。パワーは必要十分

じゃあ実際に走りはどうなのか? という部分だが、ここでも驚きは続く。というのも先に記した通り、このモデルは新世代プラットフォームであるCMPの第一弾である。その実力は相当だと感じるポテンシャルの高さに裏打ちされた走りがあった。

まず静粛性の高さが光る。僕は先週、同じBセグのコンパクトSUVである「VW Tクロス」を試乗して、これも静粛性が高いと評価したが、DS3 クロスバックはそれを上回る。特に排気量こそ違えど同じ3気筒ターボを搭載するが、DS3 クロスバックでは3気筒特有のガサついたエンジン音はほぼカットされ、ロードノイズも抑えられている。同じBセグでもVWとは異なる“プレミアム”を謳うだけある。

走りのポテンシャルも高く、ハンドリングと乗り心地が高いレベルで両立されている。試乗車はこのクラスにしては大きめの18インチタイヤを履くが、それを履きこなすだけのサスペンションに仕上がっていた。路面からの入力は強めだが、それを素早く減衰させて振動を残さないいなし方はさすがだ。時折、路面によっては細かなザラつきが入ってくるが、これも今までのBセグのレベルからは大きく改善している。

ハンドリングは意のままで、操作に対してボディが軽やかに動く辺りがフランス流だが、プジョーともシトロエンとも違うテイストがそこには確実にある。身のこなしの軽さは共通だが、動きにDSならではの落ち着いたフィーリングが加わって、より大人っぽい乗り味走り味があるのだ。我々がまだ未知のフランス流ラグジュアリーを走りで表現しようとする意思を感じる。

パワーユニットは1.2Lの3気筒ターボで、最高出力は130ps、最大トルクは230Nmとスペック的には「プレミアム?」と思わされるが、新採用のアイシン製8速ATが、低回転で最大トルクを発生する3気筒ターボの特性を活かし、矢継ぎ早のシフトアップで低回転を維持しつつ伸びやかな加速を実現している。

流石に全開加速では物足りなさが出てくるし、現代の小排気量直噴ターボにサウンドや回転フィールまでは望めない、というのが本音ではある。が、普段乗りで不満を感じるシーンはほぼないだろう。

先進性に関してもキッチリと勝負した感がある。ADAS(先進運転支援システム)系は充実しており、ハンドル制御を含むレーンキープアシストでは、車線が見えづらいところでも、もう一方の車線を基準にアシストする制御も備わる。DS LEDビジョンと名付けられたヘッドライトはオートでハイビームをコントロールする機能も備えている。

総じて隙のないプロダクトという印象で、何よりCMPプラットフォームの実力の高さを感じる。

今回はEVのプロトタイプにも低速オンリーのクローズドコースで味見程度の試乗をしたが、「日産 リーフ」のようなワンペダルドライブなどの特別なロジックや機能はなく、純粋に内燃機関をモーターとバッテリーに置き換えたシンプルな走りを見せた。これは欧州で多くのユーザーが初めてEVに触れることを想定してのことで、ふだん使いで違和感のない、良い意味で普通の走りを作り込んだからでもある。本格的に試乗できる機会が楽しみだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します