現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた

ここから本文です
試乗記 2019.2.15 レポート:小林 秀雄 / 写真:篠原 晃一

ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた
  • ハイラックス試乗 ホンモノの実力を現代の若者はしっかり見抜いていた

ハイラックス Z “Black Rally Edition”

まさかハイラックスが国内導入されるとは

現行モデルで8代目となる「トヨタ ハイラックス」は、1968年にデビューしたピックアップトラックだ。昨年に誕生50周年のアニバーサリーイヤーを迎え、これまでに累計1870万台を売り上げてきた。現在は世界6ヵ国で生産され、180の国と地域で販売。特に南米、アジア、中近東での売れ行きが好調だという。日本国内での販売は6代目を最後に一旦途絶えていたが、17年9月に復活。タイの工場で生産された車両を輸入している。

17年にハイラックスが国内導入されると聞いて、まさかと驚いた人も多かったことだろう。かくいう筆者もその一人。個人的な話で恐縮だが、筆者は年に一度、海外市場向けのモデルを含め、世界中の自動車メーカーが販売しているすべての現行車種を紹介する年鑑の編集に携わっている。そのためトヨタがワールドワイドに展開しているハイラックスの現状もチェックしていたのだが、まさかピックアップトラックの需要が少ない日本で復活するとは…、という思いが強かった。トヨタはランドクルーザー70を再販した実績があるとはいえ、それは売れるだけ売り切ってフェードアウト。だがハイラックスに関しては「国内専売モデルを廃止してグローバルモデルを売る」という方針に則ってか、恒久的に販売していくつもりのようだ。

その証拠として、トヨタは「ハイラックス Z “Black Rally Edition”」という特別仕様車を18年12月に発売。50周年の記念モデルとして、文字通りブラックの意匠にこだわった特別な仕立てが施されている。今回その実力をオフロードと公道で試せるメディア試乗会が開催された。

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します