現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車
  • MC版トヨタ プリウスはかつての神通力は失せるもグレード次第ではナイスな国民車

お手頃感のある中間グレード「S」がおすすめ

今回の試乗車両は「A」という上級グレードの、さらに「ツーリングセレクション」という上級ラインである。その本体価格は300万6720円で、装着されていたオプション装備を含めた車両価格は349万3260円に達する。

そこに諸費用を加えた乗り出し価格は「360万円前後」といったところだろう。……まずまずのお値段である。

これがA“ツーリングセレクション”ではなく最上級グレードの「Aプレミアム“ツーリングセレクション」になると車両価格だけで328万4280円になり、乗り出し価格は380万円前後、つまり「400万円近く」にまで達してしまう。

そこまでの予算を投じるとなると、人間の目というのはどうしても厳しくなるものだ。

もしも手頃な総額であったならば気にもならない(または割り切ることができる)前述のわずかなこもり音や、舗装が悪い路面での若干の粗さ、あるいは内装樹脂パーツのちょっとしたショボさなどに対して「○○○万円も払ってこれかよ……」と、どうしても不満に思ってしまうのだ。見たくもないアラが見えてしまうのだ。

それゆえ、厳しめに見れば若干のアラもなくはない4代目プリウスに、心からシアワセな気分で乗るためには、筆者としては「S」という中間グレードが良いのではないかと思う。

Sの場合、シート表皮は本革や合成皮革でなくファブリック(エンボス付き)になってしまうが、基本的な装備はおおむねデフォルトでそろっており、前述のとおり「Toyota Safety Sense」も標準装備。それでいて車両本体価格は256万5000円で済む(※2WDの場合)。

これに必要なオプション装備を付け、そして店頭での値引きもコミで「総額280万円か290万円ぐらい」で入手できるのであれば……4代目プリウスが持つ若干のアラなど、たぶんほとんど気にならないだろう。

いや、むしろ「いい車を手頃な金額で買えた!」と小躍りする可能性すらある。

繰り返しになるが、「総額200万円台で買える」と思えば、現行プリウスは非常に良い実用車だ。取材当日の燃費は、車載の燃費計によれば22.4km/L。イメージとしては「市街地が20km/Lぐらいで、高速道路が25km/Lぐらい」という感じだ。

さすがにカタログ燃費には届かなかったが、十分納得の数値である。そしてここまで述べてきたとおり、乗り味もなかなかのもの。

かつての神通力は失っているプリウスだが、グレードによっては、依然として「まあまあナイスな国民車」にはなり得るだろう

【プリウス A“ツーリングセレクション” 2WD=300万6720円】
・車両価格:★★★☆☆(A以上はちょいお高い)
・気持ちよく走れる度:★★★★☆(荒れた路面では星3つ)
・燃費:★★★★★(さすが)
・積載性:★★★★☆(荷室はけっこう広い)
・おしゃれ度(外観):★★★☆☆(普通になった)
・おしゃれ度(内装):★★★☆☆(樹脂部はちょい残念)

・総合国民車度:★★★☆☆

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します