現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

加速性能が向上、サーキットでの走りにもしっかり対応

まだナンバープレートが装着されていないゆえに今回はサーキットでの試乗となった。主旨にかかわらず、サーキットとなると攻めた走りをしたくなってしまうものだが、e+はハイパフォーマンス・モデルと呼ぶに相応しい活発な走りで応えてくれた。

もともとリーフは加速に優れるが、e+は輪をかけて速い! ゼロ発進からグイグイとくるのは相変わらずだが、伸びやかさが違う。EVの多くは速度が高まるほど加速が鈍化していき、100km/hオーバーでは顕著になるが、e+は120km/h程度でも衰えがないように感じられるのだ。日産のデータによるとスタンダード・モデルは50km/hまで最大加速Gが続いたのちに徐々に加速度が落ちていくが、e+は70km/hまで最大加速Gが続く。また80-120km/h加速は13%短縮されているという。

シャシーではおもにバッテリー周りの剛性を高めるとともに、重量増や重心変化に適応させるべくサスペンションを仕様変更。さらにフロントストラットのマウンティングにボールベアリングを採用することで低フリクション化を図り、滑らかで安定したステアリングフィールを実現している。

バッテリーを床下に敷いたリーフはもともと低重心で想像以上にハンドリングがいいが、大容量化で重量増となったことで重心高はさらに10mm下がったという。スタンダード・モデルと乗り比べてはいないが、サーキットを攻めるような走りにもしっかり対応していることには改めて驚かされる。アクセルを踏みこめば340Nmのホットハッチ並の大トルクが即座に引き出せるので、タイトコーナーの立ち上がりなどではフロントタイヤがたまらず空転し始め、VDC(ヴィークルダイナミクスコントロール)のお世話になったりもするが、破綻する素振りもみせずに安定して走っていく。

2代目となる現行リーフだが、シャシーは初代からのキャリーオーバー。サスペンションに凝ったシステムを使うでもなく、タイヤも8年前に開発の、しかも電費コンシャスなものだが、それでこれだけ走れるのは立派。EVの大衆化を目指してコストを抑えているものの、料理する腕が確かなのだ。

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bty*****|2019/01/09 11:02

    違反報告

    その航続距離が本当なら凄い。
    それを7がけしたとしても、実用に値する。

    次は4WDモデルを追加してください。
  • sfg*****|2019/01/09 11:54

    違反報告

    単純に熱密度が上がる=バッテリーの劣化が早い。

    きちんと温度管理しているのかな。他社は温度管理や、
    バッテリー交換の保証制度がきちんとしているのだが。

    そうでないと、すぐに劣化して、容量アップの意味がなくなる。
  • nep*****|2019/01/09 12:40

    違反報告

    初代リーフに乗ったがモーターならではの加速とトルク感に驚きました。これで航続距離も長くなれば市街地使用だけでなく、郊外へのドライブも安心して行けますね。
    ただ、我が家は一戸建てでも駐車場が月極め駐車場なのでEVやPHVは自宅で充電出来ないので、購入の対象外になってしまうんです、残念!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します