現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

生産技術でコンパクトなモジュールを実現

バッテリーは容量が55%アップし、サイズも大きくなってはいるが、それは最小限に抑えられている。後席下部を中心に厚みが増しているものの、最低地上高を15mm下げ、全高を5mm上げたことで吸収し、40kWhのスタンダード・モデルとまったく同一の室内スペースを確保している。

なぜサイズアップを抑えられたかといえば生産技術によるところが大きい。搭載しているセル(単電池:バッテリーの最小構成単位)は40kWhが192セルで62kWhは288セルとなるが、前者は8セルを一つのモジュールとして、それらをワイヤーハーネスで接続していた。接続部分にはどうしても数センチ単位の隙間が生じていたが、62kWhではハーネスを基板化してレーザーで接合することでスペース効率を高めたというわけだ。さらに8セルモジュールに限定される必要がなくなり、自由にセル数を設定できる新型モジュールとされている。

セルそのものも少し進化し、サイズに対するエネルギー密度としては約25%アップしたという。ちなみにバッテリーの重量は440kg。今後、エネルギー密度はまだ進化する余地が残されているという。現在のリーフのリチウムイオン・バッテリーは正極材にニッケル(N)、マンガン(M)、コバルト(C)を使用する三元系でNMCは111と比較的に一般的だが、これを変更するなどでエネルギー密度はさらに高まることになるだろう。

また、40kWhは2並列×96セル=192セルだったが、62kWhは3並列×96セル=288セルとなり、大電流化が図られている。インバーターの高性能化と合わせてパワートレーンの高出力化が実現したのだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bty*****|2019/01/09 11:02

    違反報告

    その航続距離が本当なら凄い。
    それを7がけしたとしても、実用に値する。

    次は4WDモデルを追加してください。
  • sfg*****|2019/01/09 11:54

    違反報告

    単純に熱密度が上がる=バッテリーの劣化が早い。

    きちんと温度管理しているのかな。他社は温度管理や、
    バッテリー交換の保証制度がきちんとしているのだが。

    そうでないと、すぐに劣化して、容量アップの意味がなくなる。
  • nep*****|2019/01/09 12:40

    違反報告

    初代リーフに乗ったがモーターならではの加速とトルク感に驚きました。これで航続距離も長くなれば市街地使用だけでなく、郊外へのドライブも安心して行けますね。
    ただ、我が家は一戸建てでも駐車場が月極め駐車場なのでEVやPHVは自宅で充電出来ないので、購入の対象外になってしまうんです、残念!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します