現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか

ここから本文です
試乗記 2019.1.8 レポート:河村 康彦 / 写真:篠原 晃一

SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか
  • SUV仕立て&唯一の4WD、VWパサート オールトラックはシリーズの真打ちか

パサート オールトラック TDI 4モーション アドバンス

シリーズ全体の商品力アップにも効果

センターデフ機能の代わりにハルデックス・カップリングを採用するなど、4WDシステムには比較的シンプルな方式を用いるオールトラック。が、それでも同エンジンを搭載するFWD仕様のヴァリアントに比べると、重量はおよそ70kgの上乗せ。それゆえか、スタート時の蹴り出し感は「やや重々しい」というのが率直な印象だ。

2速と3速間のギア比がやや離れ気味ではあるものの、それでもひとたび動き始めてしまえば加速力に不満がないのは、やはり1900rpmにして400Nmという大トルクを発する、現代のターボ付きディーゼルエンジンの成せる業。もちろんそうした好印象の演出には、瞬時に変速動作を終えることで「シフト時にもターボブーストが落ちない」というDCTを組み合わせたことによるメリットも、ひと役買っているに違いない。

最高出力の発生回転数は、その上限が4000rpm。ただし、それをオーバーしてもさしたる頭打ち感は発生せず、「意外に高回転に強い」と思わせるのも好感を抱けるポイントだ。そんなエンジンのキャラクターもあって、4人乗りで荷物を満載…といったシーンでも、なかなか頼もしい走りが期待出来そうではある。

今回テストドライブを行った「アドバンス」グレードには、電子制御式の可変減衰力ダンパー”DCC”が標準装備。正確なハンドリング感覚はいかにもVWの作品らしいが、「ノーマル」モードでは少々揺すられ感が強く、かと言って「コンフォート」モードを選択するとややダンピングが物足りなく…と、フットワークのテイストは少々悩ましい結果になった。

ちなみにそうしたテイストには、このグレードがベーシックグレードに対して径が1インチ・アップで、かつ幅もより広い18インチのシューズを履くことがちょっとばかりの悪さを招いた可能性も考えられそう。”釘踏み”の瞬間にその穴をただちに埋めるシール材入りのタイヤを採用していることも、あるいは重量増などで乗り味にはやや不利に働いているかも知れない。

とはいえ、現状のパサート・ラインナップを眺めると「これこそが真打ち」と感じる人は少なくなさそう。かくして、シリーズ全体の商品力アップにも効果がありそうな、”フラッグシップ・パサート”の登場である。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します