現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

ここから本文です
試乗記 2018.12.7 レポート:五味 康隆 / 写真:望月 浩彦

レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

今年最も驚かされた新開発のサスペンション

走り出しはかなり滑らかでスムーズ。特にバージョンLは、フラッグシップのLSも凌ぐほど快適だ。要因は幾つもあり、ひとつはロングホイールベースによりクルマ自体の揺れが少ないこと。そして構造用接着剤やレーザースクリューウェルディング工法の採用、さらにボディの素材置換や見直しなどにより、カムリよりも高められたボディ剛性が、無駄な振動を抑えつつ、路面からの入力を的確に足回りに集め、ダンパーを効率よく働かしている効果が大きい。駐車場から出る際の段差でのショックの少なさ、さらにはショックの収まりの速さは見事。

これにはESから初めて採用されたスウィングバルブショックアブソーバーという、低速でも的確に足回りを動かせるオイルダンパーの採用が見逃せない。個人的には、今年最も驚いた乗り心地系アイテムとして挙げたいほど。そもそもオイルダンパーは、決められた流入経路をオイルが流れる際の抵抗により、減衰力を発生させてクルマの動きを穏やかに収めるモノ。高速領域も加味してオイル流入経路の形状を決めると、どうしても街中走行など低速では上手く減衰力が出ない。

それを打破するために、メインバルブに付随するオイル経路に1/100mmのクリアランスで円盤を設けて、2次的オイル経路を確保するというスウィングバルブショックアブソーバーの働きが見事。低速から足回りの動きに粘り具合が出て、高速領域でもその粘り具合が持続。構造は複雑だが電子制御を使わないので、ステアリングフィールなどにフィルター感が一切ない。結果として、路面状況を掴みやすく、スポーティに走りやすい。

また、バージョンLは路面のつなぎ目などを越える際のタイヤが叩かれる音を抑える消音効果の高い特殊ホイールも採用。この効果も大きく、静粛性や快適性が高まっている。さらに、重めの特殊ホイールが影響するのか、前述したオイルダンパーが効果的なのか、電子制御サスが奢られたFスポーツ以上にしなやかなのだ。このようにFスポーツよりバージョンLがオススメ…としたいところだが、一つ考えるべき特性がある。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します