現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

ここから本文です
試乗記 2018.12.7 レポート:五味 康隆 / 写真:望月 浩彦

レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成
  • レクサスESは高級FRキラーだがFFの限界も。デジタルミラーは未完成

プロポーションは残念だが後席空間はLSを凌ぐ

ボディサイズは全長4975×全幅1865×全高1445mm。レクサスの象徴であるスピンドルグリルを可能な限り広く、特に下側を横方向に広げたデザインで、見た目のワイド&ローな安定感や、スポーティな雰囲気を演出している。自己主張が強いと感じる人もいるだろうが、プレミアムブランドにとって印象が埋没しないことは重要で、個人的には嫌いなデザインではない。

サイドビューは5m弱の全長と、前後のタイヤ間の距離(ホイールベース)が2870mmと長いこと、強めに入ったエッジプレスラインの効果や、窓枠後端の跳ね上がりの鋭さも相まって、伸びやかさや躍動感がある。しかし、フロントタイヤからドアまでの距離が短いのは気になる。FFはエンジン搭載位置の関係からこのスペースを確保しづらく、FRのLSと比べるとどうしてもロングノーズ感などの伸びやかさが足りない。単独で見る分には気にならないが、高級セダン=威風堂々と走る、というイメージを踏まえると、古風だと言われても、やはりセダンはFRで伸びやかなノーズセクションが欲しいと思ってしまう。

室内の質感は高いが、さすがにLSと比べてしまうと素材や加工の違いなどで高級感や質感は落ちる。この辺りが価格差として反映されていると言えるが、一般的な同価格帯の高級車との比較なら、完成度は高い。運転席に座ったときのシートが体を優しく包む感覚などを含めて、自宅のリビングに戻ってきたようなホッとする暖かみのある心地よさがある。あら探しをしても、ドリンクホルダーが運転席用と助手席用でオフセットしていて、見た目に若干違和感を覚えることくらい。

後席も質感は同様だが、広さや視覚的な開放感という観点では、フラッグシップのLSを超えていると直感できる。LSのロングホイールベース仕様にはファーストクラスのようなシートがあるなど、突き詰めればLSは豪華だが、ベーシックモデル同士で、広さと開放感で評価するとESに軍配が上がる。

これは間違いなくLSや高級FRセダン・イーターになると直感しつつ、走り出した。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します