現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

ここから本文です
試乗記 2018.10.26 レポート:五味 康隆 / 写真:菊池 貴之

アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

ピュアとリネージの最大の違いはシート

2017年に復活した「アルピーヌ A110」。ファーストエディションに相当する「プルミエールエディション」はアルピーヌ設立年に合わせて1955台つくられ、うち日本に入ってきた50台に1000人以上の購入希望者が殺到して抽選販売が行われたのが今年7月。

そして今回姿を現したのが、カタログモデルのA110。グレードは2つ。走りに関係する基本アイテムは全て一緒だが、スポーティな雰囲気を追求した「ピュア」と、ラグジュアリーな世界も求める「リネージ」。外観上の違いは、選べるボディ色が異なる事に加えて、キャリパーの色(ピュアはブルー、リネージはブラック)とホイールだ。サイズも装着タイヤも同じだが、ピュアは先だって限定発売されたプルミエールと同じFUCHS(フックス)製のシルバー。リネージは切削加工仕上げのブラック基調ホイールとなる。

内装では共にサベルト製のシートが、ピュアはフルバケット、リネージはリクライニング機構が付くスポーツシートになっている。また、オーディオ好きはご存じだろうがフランスのFOCAL(フォーカル)製スピーカーを備え、リネージはサブウーファーも装着する。

A110はミッドシップなので前席後ろにスペースはそれほどないが、シートを少しだけ倒す余裕はある。目的地までの道中など、シートを少しでも倒して仮眠などを考えるなら、リクライニングとハイトアジャスト機能のあるリネージがオススメ。ただ、ピュアのフルバケットは背もたれが倒れず窮屈だが、剛性が高く正確なハンドル操作ができるうえに、クッション性も良いし乗り降りもしやすい形状なので、スポーツカー好きなら身構える必要はないとも言える。

価格はリネージが約30万円高い。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します