現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

ここから本文です
試乗記 2018.10.26 レポート:五味 康隆 / 写真:菊池 貴之

アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

タイヤ交換時も純正マーク付きのPS4を選びたい

ちなみにここからは予想。このPS4、綺麗に接地しているのでタイヤ摩耗は遅いだろうが、交換する際はアルピーヌ純正マーク付きを選びたい。おそらくグリップレベルの高い市販のPS4を履くと、旋回スピードは高まるが、ミッドシップ特有の限界が来たら突然放り出されるような、冷や汗をかくバランスになるはず。

どのクルマもグリップレベルを上げるとクイックになるわけではない。先に述べたA110特有の足回りが関係している。例えば富士ショートコースにあるジャンピングスポットでは、やはりクルマごと跳ね上げられるが、速度が高いとストロークした先で、減衰力が高まるダブルダンパーのメリットを使えるのでワインディングのような不安感は皆無だった。それでも、グリップレベルを高めるとおそらくまた減衰力が負け出すだろう。

先日パリモーターショーでGT4モデルも姿を現し、いずれアフターパーツなどで、乗り心地やしなやかさは多少犠牲になるだろうが、グリップ力の高いタイヤを履きこなす強化した足周りを与えられたモデルも登場しそうだが…。

カタログモデルで登場したA110は「感覚を大事に仕上げた!」という言葉が示すとおり、絶妙なバランスで仕上げられたドライビングプレジャーあふれるミッドシップモデルだ。

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します