現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

ここから本文です
試乗記 2018.10.26 レポート:五味 康隆 / 写真:菊池 貴之

アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

ハイペースで気になる、グリップが抜けるような感覚

まずは一般道での試乗だ。ハッキリ先に言おう。ワインディングをハイペースで飛ばすことに快感や楽しさを見いだしているドライバーは試乗して確かめた方がいい。僕は少し乗りづらさや不安感を得る要素があった。

走行ペース順に述べると、街中では予想以上に走りやすく、そして楽しい。スタートなどはDCT特有のギクシャク感が多少あるのだが、クルマとの一体感や動きのよさ、サウンドなど様々な刺激があふれており、スタートのギクシャクが自然と気にならなくなる。

乗り心地も、ミッドシップで特別なクルマという認識があるためか、逆に快適だと思えてしまう。特に足回りがしなやかなのが効いている。スポーティにドライブした際など大きく足周りがストロークしたときに、さらに減衰力が高まり踏ん張り感を発揮するダブルダンパー式を採用しており、街中などの穏やかな入力では減衰力が抑えられとてもしなやか。ボディの見切りも良く、狭い道も気兼ねなく走れて、しかもフロントの地上高なども十分あるので、この手のクルマにしては気をつかわず走れる。

ワインディングをのんびりと走る分には、これまたとても良い。エンジンもアクセル操作にダイレクトだし、吹け上がりも良く、排気音は後方からダイレクトに入ってくるし、シャーシ性能が高いので不安感無くアクセルを踏みこめるのも気持ちいい。しかも、ダブルウィッシュボーンと重量バランスが影響しているのか、素早いハンドル操作から穏やかな操作までクルマ全体にハンドルがガッチリと繋がっているようなダイレクト感があり、自由自在感も高い。

その気持ちよさに酔いしれるように徐々にペースを上げていくと、ちょっと不安を感じる動きが出てくる。旋回しながら路面のうねりを体で感じられるような、かなり高めの走行ペースだ。軽量がアダになり、クルマ全体が路面のうねりによって跳ね上げられてグリップ感がフッと抜ける感覚がある。実際はまだグリップしているので横滑り防止装置は働かないが、ミッドシップ車の減衰力が低めのしなやかに動く足で路面からあおられた時は感覚として怖い。アクセルを踏んでそのフワッと感を抑えようにも、クルマごと跳ね上げられているので、効果も出ない。

柔らかい足は好きな方だが、流石にこの足でサーキットは大丈夫か? と思った。

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します