現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ

ここから本文です
試乗記 2018.10.10 レポート:島下 泰久 / 写真:メルセデス・ベンツ日本

4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ
  • 4ドア版AMG GTは高剛性ボディが印象的。ライバルはパナメーラ

メルセデスAMG GT 63 S 4ドア クーペ

想像以上の剛性感とシャープさを増したV8ツインターボ

まず試乗したのは「GT 63 S 4MATIC+」。リアドアを開けて手荷物を後席に置き、ドライバーズシートに腰を下ろす。こういう一瞬だけでも、4ドアの使い勝手の良さを実感できるのは確かである。

走り出して、驚かされたのはボディの凄まじいほどの剛性感だ。軽くはなさそうだが、その分、鎧のようにガッチリとしていて、相当ハードなサスペンションの先にある21インチタイヤからの入力を、何事もなかったかのように受け止めてしまう。乗り心地は良いとまでは言わないが、決して不快ではない。

フロント周りがしっかりしたからだろう。EクラスやCLSで特段不満と思っていなかったステアリングフィールが、目に見えてクリアで生々しいものになっているのも軽い衝撃だった。リアも、テールゲートが備わるなんて想像できないほどの塊感がある。こういう高剛性感のあるクルマ、初めて乗ったかもしれない。

ここで抱いた走りへの大きな期待は、サーキットでも裏切られることがなかった。これほどの巨体にも関わらず、テクニカルなS字コーナーの連続を切れ味鋭く駆け抜けていく様には感心させられ、圧倒されてしまったと言っていい。確かに重さは感じるが、その重いクルマが操舵した通りに曲がり、加速し、減速する。スライドさせればコントロール性は高く、クルマを常に手のうちに置いておけるという感覚が得られる。

それはクルマをうまく曲げ、そして前に押し出すアクティブディファレンシャル、同様に力を余さず路面に伝えるAWDシステム、走行状況に応じてダウンフォースを変化させるアクティブエアロシステム等々、あらゆるアイテムの協調の賜物。とにかくドライバーを鼓舞してくるのだ。

最高出力639hp、最大トルク900Nmまで高められたV型8気筒4.0Lツインターボエンジンのアウトプットが申し分無いものであることは、改めて言うまでもないだろう。特筆すべきはアクセル操作に対する反応がシャープさを増していること。間違いなくボールベアリングタービンを使った恩恵である。単なる大パワー発生機ではない、回す歓びが加わったと言っていい。

試乗ステージ:北米・テキサス州&サーキット

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gli*****|2018/10/10 07:35

    違反報告

    じゃあパナメーラがいい。
  • kun*****|2018/10/10 07:54

    違反報告

    セダンボディキモい…
    やっぱふつうのAMG GTがええわ
  • ram*****|2018/10/10 07:49

    違反報告

    子供二人いるから、これにするかラピードにするか、悩ましいところ。。。
    でも、確かにE53/63で十分といえば十分。サーキットでも、値段が安い分思い切って走らせられそうだし。もう少し悩み続けましょう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します