現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい

ここから本文です
試乗記 2018.10.9 レポート:塩見 智 / 写真:篠原 晃一、編集部

新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい
  • 新型フォレスターはやっぱりパワートレーンが物足りず。先代のターボが恋しい

フォレスター ツーリング

物足りないパワートレーン…ターボ廃止は理解に苦しむ

惜しむらくはパワートレーンだ。新型は2リッター4気筒+モーターのハイブリッドと2.5リッター4気筒の2種類。従来型にあった2リッター4気筒ターボがなくなった。ハイブリッドの新設は時代の要請として理解できるが、ターボの廃止は理解に苦しむ。販売面でさほど貢献しなかったからというのがスバルの言い分だが、私自身は新型の2種類のパワートレーンを両方試してみて、ターボが恋しくなった。

ハイブリッドはモーターの出力が小さいためアシスト量が少なく、バッテリー容量も小さいので、アシスト時間も短い。例えば40~50km/hからの中間加速といった、2リッターでは少し物足りない部分と感じるタイミングで効率よくアシストしているのは感じ取ることができるのだが、アシストされてももの足りなさは解消されない。この日の車載燃費計によれば燃費は11.8km/L。ハイブリッドというには物足りない。

どちらかというと、全域でそこそこトルキーな2.5リッターのほうが印象がよかった。とはいえ、従来型の最大トルク400Nmのターボエンジンはもっとずっとトルキーで、痛快な加速を味わうことができた。あれが懐かしい。このクラスのSUVは多数あるが、速いSUVは珍しかった。速いうえに悪路走破性が高いSUVというのがフォレスターの2大セールスポイントではなかったか。

ターボは売れなかったと言われると、あまり言い返す言葉がないが、歴代のターボがつくったイメージがフォレスター全体の売れ行きに貢献していたということはないのだろうか。ぜひ力強いターボ復活を検討していただきたい。もしくはアシスト量を増やすか燃費をぐっと引き上げる、もしくはその両方を叶えるわかりやすいハイブリッドを望む。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します