現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得

ここから本文です
試乗記 2018.9.25 レポート:佐野 弘宗 / 写真:菊池 貴之

ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得

V60 T5 インスクリプション

国内ではディーゼルの設定はなし

新型V60の日本仕様には、最近のボルボで主力になりつつあったディーゼルエンジンは設定されない。もっとも、欧州ではディーゼルも用意されるのだが、ボルボ日本法人は「今後も国内でV60にディーゼルを設定する予定はありません」と明言する。それに、先ごろ公開された新型S60セダンは、欧州販売比率が低いこともあってか、どの市場でもディーゼルは積まないのだという。

ボルボは先ごろ次世代ディーゼルを新開発しないとは認めたが、同時に、今あるディーゼルの改良作業はストップすることなく「使えるところまでは使う」とも公言している。日本市場でも既存ディーゼルについては現時点で廃止する予定もない。「脱ディーゼル、全車電動化」という急進的な環境戦略をいち早くブチ上げたボルボだが、実際には「ひとつひとつの市場の都合と折り合いをつけながら」という現実主義をとるわけだ。

というわけで、新型V60で数少ない新機軸のひとつは、今回初登場となる電動化パワートレイン「T6ツインエンジンAWD」なのだが、先行して上陸するのはエントリーモデルの「T5」で、今回の試乗もそれにかぎられた。

XC60にも共通する新型V60の乗り味の美点は、上級の90シリーズと骨格を共用するおかげもあってか、いかにも堅牢な剛性感に包まれることと、運転席環境のスペースにも非常に余裕があることだ。新型V60はそのぶん車重も少し重めなのだが、T5エンジンが競合他車の同価格帯モデル(=C200、320i、2.0TFSI)よりもハイチューンなので、動力性能に不足はまるでない。こうして過給圧次第で動力性能を(ある程度までは)自在に設定できる点は、昨今のダウンサイジングターボのメリット(であると同時に、高価格グレードのありがたみを薄くしているデメリット)だろう。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します