現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS

ここから本文です
試乗記 2018.8.2 レポート:山田 弘樹 / 写真:小林 俊樹

シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS
  • シリーズ第5弾、ホンダS660モデューロXが意識したのは初代NSXのタイプS

S660 モデューロ X

これまでのモデューロとはひと味違う

マツダ ロードスターの復活と共に、ニッポンのクルマ好きを騒がせたあのデビューからはや3年。ホンダが誇るマイクロスポーツカー「S660」に、待望のメーカー純正コンプリートカーが登場した。その名は「S660 モデューロ X」。ホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが仕立て上げた、モデューロ Xシリーズとしては5台目のモデルである。

モデューロがホンダユーザーの間で大きな信頼を得ている理由は、まずメーカー直系ブランドとしての安心感があること。そして、その高いクオリティや快適な乗り心地を極めて現実的な価格で手に入れることができるからであろう。

ただその反面、より本格的な高性能モデルとしてモデューロを見ると、NISMOやSTIのようなある種尖った存在がこれまでなかった。だから走りにこだわるユーザーにとっては、無限が「本気担当」、モデューロは「快適担当」のように映っていたのではないかと思う。

だがしかし! このS660 モデューロ Xはひと味違う。いや正確に言えば、アクセス自身はなんらこれまでと変わらぬスタイルでS660を仕立てたはずだ。しかし結果的にS660 モデューロ Xは、彼らが一番大切にしている「質感」を基本に置いた上で、高次元の走りを実現したスポーツカーへと仕上がっていたのである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します