現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる

ここから本文です
試乗記 2018.7.17 レポート:岡崎 五朗 / 写真:望月 浩彦

異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる
  • 異例の大改良でプレミアム領域に迫った新アテンザ。その背景も気になる

アテンザ XD Lパッケージ(セダン)

全面改良のインテリアは本物感、センスのよさが漂う

インテリアはほぼ全面改良だ。キャリーオーバーしたのはステアリングホイールぐらいで、あとはほとんど新しい。インパネ、ドアパネル、シートという3大パーツは新設計だし、タッチスクリーン式ディスプレイは大型化、液晶メーターも新たに採用した。細かいところではルームミラーも美しいベゼルレスタイプに変わっている。その他、ナッパレザーを使った新型シートや、栓の木(せんのき)を使ったセンスのいいウッドパネルも素敵だった。

注目したいのは自動車用としては世界初採用となる「ウルトラスエード ヌー」。ドアとダッシュボードに使われている。同じ東レが製造するアルカンターラと比べると毛足が短く、光沢があるのが特徴で、今後様々なクルマに使われるだろう。

このように数多くのパーツが変更されているわけだが、いちばん伝えたいのはそれらが渾然一体となって生みだす上質な雰囲気だ。ギラギラの高級感ではなく、素材の質感や繊細な仕上げによる本物感、センスのよさ。クルマに限らず、いいモノを肌感覚で知っている人も満足できるインテリアに仕上がっている。残った課題はインフォテインメント。画面は大型化したものの、解像度やスクロールスピードなどに旧世代感が残るシステムがアップデートされれば言うことなしだ。

試乗ステージ:横浜周辺

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • isu*****|2018/07/17 10:30

    違反報告

    これだけ大幅に改良するのにマツコネは相変わらず放置なんですね。(8インチにはなりましたが機能面は変化無し)

    使い勝手悪いし画面の精彩さはポータブルナビにも劣るし、乗り出し400万超えるのにこの貧相なナビはやめてほしい。
  • stc*****|2018/07/17 09:27

    違反報告

    多々機能追加してるとはいえ、モデルチェンジ当初価格よりざっくり100万位上がってないか?
  • hwt*****|2018/07/17 08:23

    違反報告

    ここまで変わると初期型オーナーが不憫だ。
    外観はそれほどでもなくても、
    エンジンもちょこちょこ改良しているし、内装が大違い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します