現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある

ここから本文です
試乗記 2018.6.27 レポート:島下 泰久 / 写真:マクラーレン・オートモーティブ

マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある
  • マクラーレン セナには速度感がリセットされそうな快感がある

マクラーレン セナ

250km/h時のダウンフォースは異例の800kg

世界限定500台が、67万5千ポンド(約9800万円)という価格にも関わらず、デビューを飾った今年3月のジュネーヴ モーターショーの時点で、すでにほぼ完売だったというマクラーレン セナの名は、言うまでもなく伝説の名ドライバー、アイルトン・セナに由来する。この、とても重い名前を背負って登場したマシンのステアリングを握る舞台として用意されたのはポルトガルのエストリルサーキットであった。

往年のグランプリコースは、今の基準で見るとコース幅が狭く、舗装も平滑とまでは言い難い。それだけに、なぜここが選ばれたのかと腑に落ちない感もなくはなかったのだが、現地についたら思い出した。ここは1985年、当時のロータス・ルノーを駆るアイルトン・セナがF1初優勝を遂げた記念すべきコースだったのだ。

我々日本人5名を含む世界中から招聘されたジャーナリストが案内されたピットには、それぞれの名前が記されたロッカーが用意されており、その中には事前に申告したサイズ通りのレーシングギア一式が置かれていた。ホスピタリティの素晴らしさは感動モノである。

もっとも、それは単なる演出などではない。何しろ、これから対峙しようとしているマシンは、乾燥重量1198kgという軽量ボディに、最高出力800psのエンジンを搭載したビーストなのだから。セナは公道使用に必要な装備をすべて揃えつつも、あくまでトラック用という位置づけのマシンなのだ。

それゆえにスタイリングも、造形の美しさよりも何よりも機能、すなわち速さが優先されている。各部に冷却用の大きな穴が開けられ、250km/h時に800kgという公道走行用車両としては異例のダウンフォースを稼ぎ出すべく空気の通り道が用意され、またフロントのアクティブ・エアロブレード、リアのアクティブ・ウイングといった可変機構を持つ空力パーツが装着された外観は、美醜で語るならば後者かもしれない。しかし、機能を徹底的に追求した姿が、ある種のすがすがしさのようなものを感じさせるのも、また事実。つまりはレーシングカーを見ているようなものである。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します