現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある

ここから本文です
試乗記[PR] 2018.6.29 レポート:サトー タケシ / 写真:菊池 貴之

軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある

sponsored by ダイハツ
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある
  • 軽トラ初、ダイハツ ハイゼットトラックへの緊急ブレーキ搭載には大きな意味がある

ハイゼットトラック

様々な観点から見て大きな意味を持つニュース

ついに、軽トラックでも緊急ブレーキが選べるようになった――。これは、2018年のクルマ業界における非常に大きなトピックだ。2018年5月、ダイハツはハイゼットトラックに同社の衝突回避支援システム「スマートアシストIIIt(スリーティ)」を搭載すると発表した。軽トラックに緊急ブレーキなどを含む安全支援装置が備わるのは日本初となるが、これはユーザーにとって大きな意味を持つニュースだ。

では、これが大きな意味を持つ理由を、順を追ってご紹介したい。第一に、2010年から17年にかけて8年連続で軽トラックの販売台数1位に輝いた、ハイゼットトラックに安全支援装置が備わることの意義が大きい。一般社団法人 全国軽自動車協会連合会の統計によると、2017年度のハイゼットトラックの年間販売台数は7万3113台。月平均にすると6000台以上がユーザーの手にわたる人気車種。安全支援装置はどんなに高度になっても普及しなければ意味がないけれど、これだけの台数に備わるとなれば普及が加速する。少し大げさに言えば、日本の交通の安全性が底上げされることにつながるのだ。

もうひとつ、軽トラックが使われる状況を考慮しても、「スマートアシストIIIt」が装備されることの意味は大きい。いささか古い資料で恐縮だが、2014年に一般社団法人 日本自動車工業会が発表した資料によれば、軽トラックのユーザーの年齢層は60歳代以上が6割超となっており、この比率は年々高まっているという。ベテラン・ドライバーの事故が問題になっているいま、軽トラックにこそ安全支援装置が必要なのだ。

また、同じ資料によれば、軽トラックは「仕事・商用」で使うケースが85%ながら、使用頻度は「ほとんど毎日」が65%を占めるという。仕事に日常使いにと、毎日の足に安全が求められるのは当然であるし、ましてや高齢の方が乗るとなれば家族も心配だ。また、仕事で使うということは、小さな事故でも会社や店舗の信用にかかわってくることも意味する。

といったわけで、ハイゼットトラックに「スマートアシストIIIt」が備わるということは、様々な観点から見て大きな意味を持つ出来事なのである。

■ダイハツ ハイゼットトラック オフィシャルサイトはこちら
■ダイハツ ハイゼットトラック 見積りページはこちら
■carview!内特設サイト ダイハツ軽・コンパクトカーランキングページはこちら

ダイハツ ハイゼットトラックの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します